中学3年理科問題演習「力の合成・分解」偏差値30から60へ!

スポンサーリンク

力の合成と分解に関する問題演習です。ポイントは平行四辺形を作図できるかどうかです。特に分解で分からなくなる生徒が続出するので、ここで作図問題をもう一度おさらいしておきましょう。

  • レベル:定期テスト入試基本問題
  • 平均点:80点/100点満点中

問題→中3理科「力の合成・分解」

力の合成(基本問題)

力について、次の各問いに答えよ。

(1)同じ作用点にはたらく次の①、②の2力の合力の、向きと大きさをそれぞれ答えよ。
①右向き2.0Nの力と、右向き6.0Nの力。
②右向き2.0Nの力と、左向き6.0Nの力。

力の合成の作図(2)右図の作用点Oにはたらく2力の合力を、作図せよ。

(3)(1)(2)のように、力の合力を求めることを何というか。

(4)次の文は、2力の作図について説明したものである。文中の(  )に適する語を入れよ。

(2)のように、一直線上にない2力の合力を求める場合、2力がとなり合う2辺となる( ① )を作図し、その( ② )を作図すればよい。
スポンサーリンク

力の合成(基本問題)解答・解説

略解のみ。解説は動画をご覧ください。

(1)①向き:右向き 大きさ:8.0N ②向き:左向き 大きさ:4.0N

(2)力の合成の作図 解答

(3)力の合成

(4)①平行四辺形 ②対角線

力の分解(基本問題)

力の分解について、次の各問いに答えよ。

(1)下図1の作用点Oにはたらく力Fを、破線の方向の2力に分解せよ。

(2)下図2は、斜面上にある台車にはたらく重力を表している。台車にはたらく重力、斜面に平行な向きと斜面に垂直な向きの分力に分解し、その大きさをそれぞれ答えよ。ただし、図2の1目盛りを1.0Nとする。

(3)図3は、ばねはかりを使って点Oを5.0Nの力で引いたときのようすを表している。この力とつり合う糸Aと糸Bで引く力を、作図せよ。

力の分解の作図

力の分解(基本問題)解答・解説

略解のみ。詳しい解説は動画をご覧ください。

(1)

力の分解 作図解答1

(2)斜面に平行な分力:3.0N 斜面に垂直な分力:5.0N

力の分解 作図解答2

(3)

力の分解 作図解答3

力の合成・分解(標準問題)

力の合成と分解 問題右図のように、輪ゴムを固定し、金属の輪に通し、輪の中心が点Oに来るようにばねばかりを使って2方向から引っ張った。このとき2方向の角度は30°になってい。この後、2方向の角度を変えて、おなじようにばねばかりを使って輪の中心が点Oと重なるように、輪ゴムを引っ張った。これについて、次の各問いに答えよ。

(1)図2のように、2方向の角度が90°になるようにばねばかりを引っ張った。このとき、それぞればねばかりを引く力は、2方向の角度が30°のときと比べてどうなるか。

(2)次に、2方向の角度を120°にしてそれぞればねばかりを引っ張ると、ばねばかりはどちらも3.0Nを示した。ばねばかり1つだけでこの輪ゴムを同じ長さに伸ばす場合、ばねばかりは何Nを示すか。

力の合成・分解(標準問題) 解答・解説

略解のみ。詳しい解説は動画をご覧ください。

(1)大きくなる

(2)3.0N

力の合成・分解(応用問題)

力の合成と分解 応用右の図は、摩擦がある斜面上に物体をのせ、物体が静止している状態を表したものである。図中のWは物体にはたらく重力を表している。これについて、次の各問いに答えよ。ただし、図の1目盛りを1.0Nとする。

(1)物体にはたらく重力Wを、斜面に平行な方向の分力と、斜面に垂直な方向の分力に分解し、図中に作図せよ。

(2)この物体が斜面から受ける垂直抗力の大きさは何Nになるか。

(3)この物体にはたらく摩擦力は何Nになるか。

(4)この後、斜面の角度を大きくしたが、物体は斜面上で静止したままであった。このとき、物体にはたらく垂直抗力と摩擦力はぞれぞれどうなっているか。次のア~ウから1つ選び、それぞれ記号で答えよ。
ア 大きくなる   イ 小さくなる   ウ 変わらない

力の合成・分解(応用問題) 解答・解説

略解のみ。詳しい解説は動画をご覧ください。

(1)

力の合成と分解 応用解答

(2)4.0N

(3)2.0N

(4)垂直抗力: 摩擦力:

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク