中3理科「植物の有性生殖」受精後の花のつくりの変化

シェアする

中学3年理科。植物の有性生殖について学習します。

  • レベル★★☆☆
  • 重要度★★★★
  • ポイント:受精後何が何になるのかを覚える!

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「植物の有性生殖」

植物の有性生殖

生殖には、オスとメスが関係なしにふえる無性生殖と、オスとメスでふえる有性生殖があります。動物の有性生殖については前回学習しました。

今回は植物が行っている有性生殖について見ていきます。植物は無性生殖でもふえていますが、種子をつくってふえる有性生殖も同時に行っています。

植物の有性生殖

おしべの先端にあるやくでつくられた花粉がめしべの先端部分の柱頭につく(受粉する)と、花粉から花粉管が伸びていきます。花粉管は、めしべの根元のふくらみである子房の中の胚珠に向かってどんどん伸びます。

この花粉管の中を胚珠に向かって送られるのが、植物の生殖細胞である精細胞です。精細胞は、胚珠の中にある生殖細胞の卵細胞にたどり着くと、核どうしが合体します。これが受精です。受精後、卵細胞は受精卵になり、その後、細胞分裂を繰り返し(発生し)になります。胚珠種子となり、子房果実になります

植物の有性生殖
次の文中の( )に適する語を入れよ。

植物のおしべの先端にある( ① )でつくられた花粉が、めしべの( ② )に受粉すると、花粉から( ③ )が胚珠に向かって伸びる。花粉管の中を生殖細胞である( ④ )が送られ、胚珠の中の( ⑤ )と受精し受精卵ができる。受精卵はその後、細胞分裂をくり返し( ⑥ )になり、胚珠は( ⑦ )、子房は( ⑧ )となる。

解答①やく ②柱頭 ③花粉管 ④精細胞 ⑤卵細胞 ⑥胚 ⑦種子 ⑧果実

スポンサーリンク

受精後の変化

植物の有性生殖で、一番テストに出やすいのは、受精後の変化です。何が何になるのかをしっかりと覚えましょう。

  • 受精卵→
  • 胚珠→種子
  • 子房→果実

花粉管の観察実験

ここでは、花粉管から伸びる花粉管を観察する実験があります。下の図を見てください。

花粉管の観察実験

  1. おしべの先端にあるやくから花粉を取り出し、ショ糖水溶液の上に落とす。
  2. プレパラートを水を入れたペトリ皿に、図のようにして入れふたをする。
  3. しばらく放置して顕微鏡で観察すると、花粉管がのびる様子が観察できる。

ここで聞かれるのが、次の2点です。

花粉管の観察・記述問題
(1)ショ糖水溶液を使う理由を答えよ。
(2)水を入れたペトリ皿にプレパラートを入れ、ふたをする理由を答えよ。

解答(1)柱頭と同じ状態にするため。
(2)乾燥を防ぐため。

花粉管の観察実験が出題された場合、必ず聞かれますので、確実に答えられるようになっておきましょう。

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「植物の有性生殖」

植物の有性生殖 動画で確認

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る