中3理科「植物の有性生殖」受精後の花のつくりの変化

シェアする

スポンサーリンク

中学3年理科。植物の有性生殖について学習します。

  • レベル★★☆☆
  • 重要度★★★★
  • ポイント:受精後何が何になるのかを覚える!

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「植物の有性生殖」

植物の有性生殖

生殖には、オスとメスが関係なしにふえる無性生殖と、オスとメスでふえる有性生殖があります。動物の有性生殖については前回学習しました。参考動物の有性生殖

今回は植物が行っている有性生殖について見ていきます。植物は無性生殖でもふえていますが、種子をつくってふえる有性生殖も同時に行っています。

植物の有性生殖

おしべの先端にあるやくでつくられた花粉がめしべの先端部分の柱頭につく(受粉する)と、花粉から花粉管が伸びていきます。花粉管は、めしべの根元のふくらみである子房の中の胚珠に向かってどんどん伸びます。

この花粉管の中を胚珠に向かって送られるのが、植物の生殖細胞である精細胞です。精細胞は、胚珠の中にある生殖細胞の卵細胞にたどり着くと、核どうしが合体します。これが受精です。受精後、卵細胞は受精卵になり、その後、細胞分裂を繰り返し(発生し)になります。胚珠種子となり、子房果実になります

スポンサーリンク

受精後の変化

植物の有性生殖で、一番テストに出やすいのは、受精後の変化です。何が何になるのかをしっかりと覚えましょう。

  • 受精卵→胚
  • 胚珠→種子
  • 子房→果実

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「植物の有性生殖」

植物の有性生殖 動画で確認

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る