中学公民「日本の社会保障とは?その問題点と対策まとめ」

スポンサーリンク

中学公民「社会保障」社会保険・生活保護・課題についてまとめています。

社会保障とは?

日本の社会保障は、憲法第25条の生存権の保障に基づいて整備。➊社会保険、➋公的扶助、➌社会福祉、➍公衆衛生の4つの柱から成り立つ。

スポンサーリンク

社会保障の4つの柱

医療保険、年金保険などの社会保険、生活保護などの公的扶助、老人福祉などの社会福祉・感染症対策などの公衆衛生。日本の社会保障制度は、生存権を規定した憲法第25条にもとづいて整備されている。

  • 「国民皆保険」「国民皆年金」制度…1958年に国民健康保険法、1959年に国民年金法を制定。農林水産業や自営業従事者を含んだ全国民の保険加入を実現。
  • 公的年金制度…1986年、国民年金を全国民共通の基礎年金とした。民間企業の被用者には厚生年金、公務員には共済年金が基礎年金に上乗せされる。1991年には、20歳以上の学生も国民年金への加入が義務づけられた。
  • 公的扶助…全額公費負担により、生活困窮者に対して最低限度の生活を保障。 生活保護法(1946年)に基づいて実施される。
  • 社会福祉…全額公費負担により、社会保護や援助を必要とする児童・障害者・高齢者などに対して各種の保護法を制定し、施設やサービスを提供する。
  • 公衆衛生…国民の健康を守る医療(疾病の予防・治療・健康の増進)と生活環境の整備・保全(上下水道や清掃設備の整備、公害対策)など。

社会保障の問題点と対策

  • 社会保障の問題点…少子高齢化で税収や保険料収入は減少するが、社会保障給付費は増大する。財源の確保が課題。
  • 社会保障の対策…高齢化への対策として40歳以上が加入し、必要な人が介護サービスを受ける介護保険制度を導入。財源不足への対策として、消費税などの増税。

以上が、中学公民「社会保障」となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る