中1理科「葉のつくり」断面図と葉脈と気孔

シェアする

スポンサーリンク

中学1年理科。植物分野の葉のつくりについて学習します。
前回の学習内容中1理科「根・茎のつくり」道管と師管と維管束

  • レベル★☆☆☆
  • 重要度★★★☆
  • ポイント:平行脈と網状脈、葉の断面図

葉のつくりとはたらき

植物の葉は、太陽の光を浴びて養分をつくりだすはたらきや、植物内の水分を水蒸気として空気中に放出するはたらきなどを行っています。次の3つを覚えておきましょう。

  • 光合成
    太陽の光を浴びて、養分(デンプン)をつくりだすはたらき。
    このとき、二酸化炭素を吸収して、酸素を放出している。
  • 呼吸
    養分と酸素からエネルギーをつくりだすはたらき。
    このとき、酸素を吸収して、二酸化炭素を放出している。
  • 蒸散
    植物内の水分を気孔から水蒸気として空気中に放出するはたらき。
スポンサーリンク

平行脈と網状脈

葉の模様を「葉脈」といいますが、植物の種類によって2つの葉脈があります。トウモロコシやススキなどの単子葉類は、葉脈が平行に走っているので、「平行脈」と呼ばれます。一方、ホウセンカやサクラなどの双子葉類は、葉脈が網目状に走っているので、「網状脈」と呼ばれます。

葉のつくり1

葉の断面図

次は葉の断面図のようすです。葉を切った切り口を拡大して見てみます。うすい葉ですが、中にはさまざまなつくりがぎっしりと詰まっています。

葉の断面図

葉の表側と裏側の違いに注意して、つくりの場所と名前を覚えてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る