中1理科「根・茎のつくり」道管と師管と維管束

スポンサーリンク

中学1年理科。植物分野の根と茎のつくりについて学習します。
前回の学習内容中1理科「花のつくり」被子植物と裸子植物

  • レベル★☆☆☆
  • 重要度★★★☆
  • ポイント:道管と師管の場所、単子葉類と双子葉類の根の違い

動画で確認中1理科「根・茎のつくり」道管と師管と維管束

根のつくりとはたらき

植物の根は、土中から水分を吸収したり、地面にからだを固定するはたらきがあります。根のかたちは、植物の種類によって異なりますので、まずはどの植物がどんな根をしているのかを覚えましょう。

根のつくり1

  • 単子葉類の根…ひげ根
  • 双子葉類の根…主根側根
スポンサーリンク

根毛と根の断面図

根の先端付近を少し拡大して見てみましょう。根の先端付近には、産毛のように細かい根がビッシリと生えていることが分かります。この産毛のように細かい根を根毛といいます。

根毛のつくりがあるおかげで、根の表面積が大きくなり、効率良く水分を吸収することができるようになります。また、土の中に根毛が入ることで、植物を土から抜けにくくするというはたらきも持っています。

根毛と根の断面図

根の断面図では、物質を通す管の位置と、何を通すのかを覚えましょう。

  • 道管水や水に溶けた無機養分が通る管。
  • 師管葉でできた養分が通る管。

茎のはたらき

茎は植物のからだを支えるはたらきがあります。また、茎の中には、物質を通す管があるので、管の名称と位置をしっかりと覚えてください。

茎の断面図

維管束

茎の断面図で、道管と師管が合わさった部分がストローの管のようになっています。この管が集まった部分を維管束といいます。維管束は植物の種類によって模様が異なります。

  • 双子葉類維管束が輪のように並んでいる
  • 単子葉類維管束がばらばら

根・茎のつくり 解説動画

もっと詳しい解説は…

FukuuExam

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする