【中2数学】連立方程式の解き方のポイント・練習問題

シェアする

スポンサーリンク

中2数学「連立方程式の解き方」です。

連立方程式

  • 二元一次方程式…2つの文字を含む一次方程式。二元一次方程式があるとき、これにあてはまる文字の値の組を、その方程式の解という。
  • 連立方程式…2つの方程式を組みにしたもの。2つの方程式のどちらにもあてはまる文字の値の組を、連立方程式の解といい。その解を求めることを連立方程式を解くといいます。
スポンサーリンク

加減法の手順

  1. 文字の消去…x、yを含む連立方程式から、yをふくまない方程式を導くことを、yを消去するという。
  2. 加減法…左辺どうし、右辺どうしを、それぞれ、たすかひくかして、1つの文字を消去する方法。

代入法の手順

代入によって、1つの文字を消去して、方程式を解いていく方法

いろいろな方程式を解く

  • 係数を整数にしてから、解き始めることが大事!
  • 代入法が使えるときは、代入法を使った方がいい。

連立方程式練習問題

【問1】次の問いに答えなさい。
連立方程式加減法練習問題

【問2】次の連立方程式を代入法で解きなさい。
連立方程式代入法

【問3】次の問いに答えなさい。
いろいろな連立方程式

解答

【問1】
(1)x=2、y=3
(2)x=3、y=2
(3)x=4、y=2
(4)x=3、y=1
(5)x=3、y=2
(6)x=0、y=4
(7)x=18、y=20
(8)x=-3、y=8
(9)x=-2、y=3
(10)x=7、y=2

【問2】
(1)x=5、y=2
(2)x=1、y=3
(3)x=0、y=2
(4)x=-20、y=-40
(5)x=1、y=2
(6)x=2、y=-1
(7)x=0、y=4
(8)x=18、y=20
(9)x=0、y=4
(10)x=18、y=20

【問3】
(1)x=-2、y=2
(2)x=-31、y=-23
(3)x=-3、y=4
(4)x=2、y=1
(5)x=6、y=3
(6)x=-6、y=8
(7)x=5、y=2
(8)x=1、y=3
(9)x=0、y=2
(10)x=-20、y=-40

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る