中2数学「直角三角形」合同条件から証明まで

スポンサーリンク

中2数学「直角三角形」合同条件から証明までをまとめています。直角三角形は、問題の文章中や示されている図中に90°や垂線の印があれば、直角三角形の性質や条件を使う可能性が高まります。少なくと頭の片隅に、直角三角形について置いておかなければなりません。それでは、中2数学「直角三角形」合同条件から証明までです。

直角三角形

  • 直角三角形の斜辺…直角三角形で直角に対する辺を斜辺という。
  • 直角三角形の合同条件①…斜辺と1つの鋭角がそれぞれ等しい。
  • 直角三角形の合同条件②…斜辺と他の1辺がそれぞれ等しい。

直角三角形 練習問題1

次の図で、AB=ACの二等辺三角形ABCで、頂点Bから辺ACに垂線をひき、その交点をD、また、頂点Cから辺ABに垂線をひき、その交点をEとします。このときAD=AEになることを証明せよ。
直角三角形

スポンサーリンク

直角三角形 解答1

△ABDと△ACEにおいて
仮定より AB=AC…①
∠ADB=∠AEC=90°…②
共通な角より ∠BAD=∠CAE…③
①②③より 直角三角形の斜辺と1つの鋭角がそれぞれ等しいので、
△ABD≡△ACE

直角三角形 練習問題2

図でPOは∠AOB の二等分線である。∠OAP=∠OBP=90°のときAP=BPとなることを証明しなさい。
直角三角形証明
<h3直角三角形 >解答2

△AOP と△BOP において
OP=OP(共通)
∠AOP=∠BOP(PO は∠AOB の二等分線)
∠OAP=∠OBP=90°(仮定)
よって直角三角形の斜辺と 1 つの鋭角がそれぞれ等しいので△AOP≡△BOP
合同な三角形の対応する辺は等しいので AP=BP となる

中2数学 平面図形証明

直角三角形 動画で確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る