中2数学「等式の変形の解き方と練習問題」方程式のように解くことがポイント!

シェアする

スポンサーリンク

中2数学「等式の変形」方程式のように解くことがポイント!についてまとめています。等式の変形は、中学1年生で学習した「一次方程式を解く」という単元のポイントとほぼ同じです。

等式の変形

はじめの等式からyを求める式をつくることを、はじめの等式をyについて解くといいます。等式を変形するときは、等式の性質を使います。

スポンサーリンク

等式の性質

  • A+B=B+C
  • A-C=B-C
  • A×C=B×C
  • A÷C=B÷C (Cは0でない)

ここでのポイントは、式でつながっているのか(足し算、引き算がある)。このときは、移項をする。係数があるときは、割り算やかけ算をして、係数を1にするということですね。このように文章にすると難しいですが、2+x=8と2x=8の違いが分かればいいです。解き方が違いますよね?移項するのか、係数で割るのか気をつけて解いていきましょう。

等式の変形 練習問題1

次の問いに答えなさい。
等式の変形問題

練習問題1 解答

等式の変形解答

等式の変形 定期テスト問題

定期テストや入試で実際に出題されるレベルの問題を用意しました。先ほどの練習問題1をクリアしたした人は、ぜひ解いてみましょう。
等式変形

解答・解説動画等式の変形の解答・解説

中2数学の復習

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る