中2数学「項と次数」単項式と多項式で次数の数え方が違う!

スポンサーリンク

中2数学「項と次数」単項式と多項式で次数の数え方が違う!についてまとめています。

  • レベル:基礎
  • 頻出度:定期テスト
  • ポイント:単項式と多項式で次数の数え方が違うこと

動画で確認「項と次数」中2数学基礎

単項式と多項式

  • 単項式…数や文字についての乗法だけでできている式。1つの文字や1つの数も単項式と考える。
  • 多項式…単項式の和の形で表された式。1つ1つの単項式を、その多項式の頂という。
  • 次数(じすう)… 単項式で、かけあわされている文字の個数。
スポンサーリンク

ポイント

多項式の次数は、各項の次数のうち、もっとも大きいものをいう。次数が1の式を一次式, 次数が2の式を二次式という。

同類項

文字の部分が同じ項を同類項という。同類項は次の計算法則を使って、1つの項にまとめることができる。

  • ma+na =(m+n)a

同じ文字をふくんでいても、次数が異なる項は同類項ではない。

まとめ

  • 多項式では、かけあわされている文字の個数に着目する。
  • 係数(文字の前の数)は考えなくてもいい。
  • 各項の次数のうち、もっとも大きいものを答える。

動画で確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする