中学地理「北アメリカ州」定期テストのポイント

スポンサーリンク

中学地理「北アメリカ州」定期テストのポイントとなります。

北アメリカ州

北アメリカ州

北アメリカ州の覚えておきたい地名・都市

スポンサーリンク

北アメリカ州の自然

自然は、西に障しいロッキー山脈、車になだらかなアパラチア山脈。その間にグレートプレーンズとプレーリーが広がる。五大湖の南の中央平原には、ミシシッピ川が流れる。南部のメキシコ湾岸やカリブ海は、しばしばハリケーンにおそわれる。
確認【中学地理】北アメリカの「グレートプレーンズとプレーリー」の比較と違い

北アメリカ州の社会

多くの移民からなる。奴隷として連れてこられたアフリカの人々の子孫も多い。先住民のネイティブアメリカンは減少→近年, スペイン語を話す移民のヒスパニックが増加。

世界への影響

ニューヨークは世界金融の中心。多国籍企業が世界的に活動している。車社会、大量消費・大量生産の生活。
確認高校入試・社会「よく出る覚えるべき世界の首都・都市名」(練習問題付)

北アメリカ州の産業

北アメリカ州の農業

アメリカは世界最大の農産物輸出国で, 自然条件に合った適地適作が行われている。穀物メジャーの活動をはじめ、企業的な農業が中心で、 バイオテクノロジーの活用も進む。

北アメリカ州の鉱工業

五大湖職辺は早くから鉄鋼業(ピッツバーグ)、自動車工業(デトロイト)が発達→20世紀後半、北緯37度以南のサンベルトで先端技術(ハイテク)産業が成長した。サンフランシスコ郊外のシリコンバレーは、情報技術(ICT)産業の中心。近年、シェールガス(天然ガスの一種)の採掘が進む。

買易

アメリカ、カナダ、メキシコは、NAFTA(北米自由貿易協定)を締結。関税を廃し、経済的な結びつきを強化した。

最重要の用語チェック

ヒスパニック

メキシコやカリブ海諸国など、中南米から移住してきたスペイン語を話す人々がおおい。近年、急速に増加。

穀物メジャー

穀物メジャーは、穀物の売買を行う会社のことで、この穀物メジャーが国際市場で行う取引は世界の穀物価格に影響を及ぼします。

シリコンバレー

サンフランシスコ近郊にある電子工業の中心地域。情報化社会にあわせ、アメリカでは先端技術産業が発達。

  • 多国籍企業…アメリカ合衆国の世界各国に工場や支社を置く企業が多い。

北米自由貿易協定(NAFTA)

1992年に、アメリカ、カナダ、メキシコの3か国による北米自由貿易協定(NAFTA)が結ばれ、自由貿易圏が新たに生まれた。これを南米やカリブ海諸国にまで広げる米州自由貿易地域(FTAA)の発足も検討されている。

動画で確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする