▶ YouTube授業動画もやっています

中2理科「質量保存の法則の計算問題」

スポンサーリンク

中2理科「質量保存の法則の計算問題」です。

スポンサーリンク

【計算問題】質量保存の法則の計算

次の問いに答えなさい。
(1)鉄粉3.5gと硫黄2.0gの混合物を加熱すると、過不足なく反応して黒色の硫化鉄ができた。何gの硫化鉄ができたか。

(2)スチールウール8.4gを加熱すると、酸化鉄が11.6gできた。鉄と化合した酸素は何gか。

(3)塩酸を入れた全体の質量が58.0gのビーカーに、石灰石を1.0g加えると、気体が発生して全体の質量が58.6gになった。発生した気体は何gか。

【解答・解説】質量保存の法則の計算

(1)鉄粉3.5gと硫黄2.0gの混合物を加熱すると、過不足なく反応して黒色の硫化鉄ができた。何gの硫化鉄ができたか。

3.5g+2.0g=5.5g

答え:5.5g

(2)スチールウール8.4gを加熱すると、酸化鉄が11.6gできた。鉄と化合した酸素は何gか。

11.6g-8.4g=3.2g

答え:3.2g

(3)塩酸を入れた全体の質量が58.0gのビーカーに、石灰石を1.0g加えると、気体が発生して全体の質量が58.6gになった。発生した気体は何gか。

(58.0g+1.0g)-58.6g=0.4g

答え:0.4g

中2理科
スポンサーリンク
理科履修ポイント・対策問題一覧
中学理科の対策記事一覧です。日ごろの勉強から定期テスト・高校入試対策にご利用ください。もちろん、無料です。

コメント

テキストのコピーはできません。