▶ YouTube授業動画もやっています

中学英語「一般動詞」疑問文・否定文のつくり方や三単現のSのつけ方

中学英語でbe動詞の次に学習する「一般動詞」。今日はその超基本を確認します。

スポンサーリンク

一般動詞とは

be動詞「am、is、are」以外の動詞を一般動詞といいます。be動詞は、「~です。」「~ある(いる)。」で、存在や状態を表していましたが、一般動詞は主語の「動作」や「状態」を表します。動作や状態を表す言葉は無数に存在するので、教科書で登場するたびに、一つ一つコツコツと覚えていくことが重要です。

中学英語でよく登場する「動作」を表す一般動詞

非常に多くの動詞がありますが、その中でも頻出の「動作」を表わす動詞たちです。

  • go(行く)
  • do(する)
  • come(来る)
  • have(食べる)
  • play(遊ぶ)
  • read(読む)
  • write(書く)
  • watch(見る)
  • look(見る)
  • study(勉強する)
  • use(使う)
  • speak(話す)
  • walk(歩く)
  • run(走る)
  • swim(泳ぐ)
  • eat(食べる)
  • drink(飲む)
  • get(得る・到着する)
  • give(与える)
  • help(助ける)
  • make(作る)
  • cook(料理する)
  • meet(会う)
  • move(動く)
  • open(開ける)
  • close(閉める)
  • sing(歌う)
  • think(考える)
  • stop(止まる)
  • send(送る)
  • stand(立つ)
  • wait(待つ)
  • wash(洗う)
  • work(働く) などなど

中学英語でよく登場する「状態」を表す一般動詞

  • have(持っている)
  • know(知っている)
  • like(好きである)
  • love(大好きである)
  • live(住んでいる・生きている)
  • want(欲しい)
  • belong(所属している)
  • need(必要としている)
  • hope(願っている) などなど
スポンサーリンク

一般動詞のポイント

超基本レベルのポイントをまとめています。学習を進めるとまだまだマスターすべきことはたくさんありますが、まずはこのレベルから学習していきましょう。

一般動詞のポイント
❶be動詞と一般動詞を一緒に使わない。
❷疑問文にするときは、文頭にDoやDoesをつけ、動詞は原形にする。
❸否定文にするときは、動詞の前にdon’tやdoesn’tをつけ、動詞は原形にする。
❹主語がI、you、複数以外の場合は、動詞に三単現のSをつける。

❶be動詞と一般動詞を一緒に使わない

基本的に単純な文章中では、一文の中に動詞は1個しか使いません。なので、be動詞と一般動詞を一緒に使うことは基本的にありません

  •  I play tennis. 「私はテニスをする。」
  • × I am play tennis. 「私はテニスをするです。」

現在進行形「be動詞+一般動詞のing形」を、中学1年生で学習すると、このミスが見られるようになります。

❷一般動詞の疑問文

一般動詞を疑問文の形にするには、「Do」や「Does」を文頭に付けて、一般動詞は原形にし、文末に「?」を付けます。過去形の場合は「Did」を文頭に付けます。

主語が「I」や「you」や複数の場合

  • 肯定文 You play tennis.
  • 疑問文 Do you play tennis?ーYes, I do./No, I don’t.

主語が「I」や「you」や複数以外の場合

  • 肯定文 He has many books.
  • 疑問文 Does he have many books?ーYes, he does./No, he doesn’t.

過去形の場合

  • 肯定文 Ken watched TV yesterday.
  • 疑問文 Did Ken watch TV yesterday?ーYes, he did./No, he didn’t.

❸一般動詞の否定文

一般動詞を否定文「~しない」にするには、一般動詞の前に「don’t」や「doesn’t」を付け、一般動詞は原形にします。過去形の場合は「didn’t」を付けます。

主語が「I」や「you」や複数の場合

  • 肯定文 I play tennis.
  • 否定文 I don’t play tennis.

主語が「I」や「you」や複数以外の場合

  • 肯定文 He has many books.
  • 否定文 He doesn’t have many books.

過去形の場合

  • 肯定文 Ken watched TV yesterday.
  • 疑問文 Ken didn’t watch TV yesterday.

❹三単現のSの付け方

「I」を一人称、「you」を二人称といい、それ以外の「he」「she」「Mike」「Tom」などは三人称といいます。主語が「I」や「you」、複数以外の場合、一般動詞の語尾に三人称単数現在の「s」を付けます。略して「三単現のs」と呼ばれています。

「三単現のs」を付ける場合、単純に「s」を付ける場合と、「es」を付ける場合「yをiに変えてes」を付ける場合があります。単純に「s」を付ける場合以外を説明します。

語尾に「es」を付ける場合

一般動詞の語尾が「~ss」「~x」「~sh」「~ch」「~o」などの場合は、「s」ではなく「es」を付けます。

  • pass→passes
  • mix→mixes
  • wash→washes
  • watch→watches
  • go→goes

語尾の「y」を「i」に変えて「es」を付ける場合

一般動詞の語尾が「子音字+y」の場合は、「y」を「i」に変えて「es」をつけます。子音字とは「a、i、u、e、o」以外のアルファベットのことです。

  • study→studies
  • cry→cries
  • try→tries

「play」などは、「y」の前が母音の「a」になっているので、「y」を「i」に変える必要はなく「plays」となります。

コメント