中学英語「一般動詞」疑問文・否定文のつくり方や三単現のSのつけ方

シェアする

スポンサーリンク

中学英語でbe動詞の次に学習する「一般動詞」。今日はその超基本を確認します。

一般動詞とは

be動詞「am、is、are」以外の動詞を一般動詞といいます。be動詞は、「~です。」「~ある(いる)。」で、存在や状態を表していましたが、一般動詞は主語の「動作」や「状態」を表します。動作や状態を表す言葉は無数に存在するので、教科書で登場するたびに、一つ一つコツコツと覚えていくことが重要です。

スポンサーリンク

中学英語でよく登場する「動作」を表す一般動詞

非常に多くの動詞がありますが、その中でも頻出の「動作」を表わす動詞たちです。

  • go(行く)
  • do(する)
  • come(来る)
  • have(食べる)
  • play(遊ぶ)
  • read(読む)
  • write(書く)
  • watch(見る)
  • look(見る)
  • study(勉強する)
  • use(使う)
  • speak(話す)
  • walk(歩く)
  • run(走る)
  • swim(泳ぐ)
  • eat(食べる)
  • drink(飲む)
  • get(得る・到着する)
  • give(与える)
  • help(助ける)
  • make(作る)
  • cook(料理する)
  • meet(会う)
  • move(動く)
  • open(開ける)
  • close(閉める)
  • sing(歌う)
  • think(考える)
  • stop(止まる)
  • send(送る)
  • stand(立つ)
  • wait(待つ)
  • wash(洗う)
  • work(働く) などなど

中学英語でよく登場する「状態」を表す一般動詞

  • have(持っている)
  • know(知っている)
  • like(好きである)
  • love(大好きである)
  • live(住んでいる・生きている)
  • want(欲しい)
  • belong(所属している)
  • need(必要としている)
  • hope(願っている) などなど

一般動詞のポイント

超基本レベルのポイントをまとめています。学習を進めるとまだまだマスターすべきことはたくさんありますが、まずはこのレベルから学習していきましょう。

一般動詞のポイント
❶be動詞と一般動詞を一緒に使わない。
❷疑問文にするときは、文頭にDoやDoesをつけ、動詞は原形にする。
❸否定文にするときは、動詞の前にdon’tやdoesn’tをつけ、動詞は原形にする。
❹主語がI、you、複数以外の場合は、動詞に三単現のSをつける。

❶be動詞と一般動詞を一緒に使わない

基本的に単純な文章中では、一文の中に動詞は1個しか使いません。なので、be動詞と一般動詞を一緒に使うことは基本的にありません

  •  I play tennis. 「私はテニスをする。」
  • × I am play tennis. 「私はテニスをするです。」

現在進行形「be動詞+一般動詞のing形」を、中学1年生で学習すると、このミスが見られるようになります。

❷一般動詞の疑問文

一般動詞を疑問文の形にするには、「Do」や「Does」を文頭に付けて、一般動詞は原形にし、文末に「?」を付けます。過去形の場合は「Did」を文頭に付けます。

主語が「I」や「you」や複数の場合

  • 肯定文 You play tennis.
  • 疑問文 Do you play tennis?ーYes, I do./No, I don’t.

主語が「I」や「you」や複数以外の場合

  • 肯定文 He has many books.
  • 疑問文 Does he have many books?ーYes, he does./No, he doesn’t.

過去形の場合

  • 肯定文 Ken watched TV yesterday.
  • 疑問文 Did Ken watch TV yesterday?ーYes, he did./No, he didn’t.

❸一般動詞の否定文

一般動詞を否定文「~しない」にするには、一般動詞の前に「don’t」や「doesn’t」を付け、一般動詞は原形にします。過去形の場合は「didn’t」を付けます。

主語が「I」や「you」や複数の場合

  • 肯定文 I play tennis.
  • 否定文 I don’t play tennis.

主語が「I」や「you」や複数以外の場合

  • 肯定文 He has many books.
  • 否定文 He doesn’t have many books.

過去形の場合

  • 肯定文 Ken watched TV yesterday.
  • 疑問文 Ken didn’t watch TV yesterday.

❹三単現のSの付け方

「I」を一人称、「you」を二人称といい、それ以外の「he」「she」「Mike」「Tom」などは三人称といいます。主語が「I」や「you」、複数以外の場合、一般動詞の語尾に三人称単数現在の「s」を付けます。略して「三単現のs」と呼ばれています。

「三単現のs」を付ける場合、単純に「s」を付ける場合と、「es」を付ける場合「yをiに変えてes」を付ける場合があります。単純に「s」を付ける場合以外を説明します。

語尾に「es」を付ける場合

一般動詞の語尾が「~ss」「~x」「~sh」「~ch」「~o」などの場合は、「s」ではなく「es」を付けます。

  • pass→passes
  • mix→mixes
  • wash→washes
  • watch→watches
  • go→goes

語尾の「y」を「i」に変えて「es」を付ける場合

一般動詞の語尾が「子音字+y」の場合は、「y」を「i」に変えて「es」をつけます。子音字とは「a、i、u、e、o」以外のアルファベットのことです。

  • study→studies
  • cry→cries
  • try→tries

「play」などは、「y」の前が母音の「a」になっているので、「y」を「i」に変える必要はなく「plays」となります。

一般動詞 練習問題

次の日本文を英文にしなさい。

(1)私はサッカーをします。

(2)ケンは野球をします。

(3)私の兄は英語を勉強します。

(4)彼らはサッカーをしません。

(5)彼はスシが好きではありません。

(6)あなたはバスケットボールをしますか。

(7)彼女はその本を持っていますか。

(8)トムは夕食後にテレビを見ます。

(9)あなたは学校に行きましたか。

(10)私はピアノを弾きませんでした。

一般動詞 練習問題 解答

(1)私はサッカーをします。
I play soccer.

(2)ケンは野球をします。
Ken plays baseball.

(3)私の兄は英語を勉強します。
My brother studies English.

(4)彼らはサッカーをしません。
They don’t play soccer.

(5)彼はスシが好きではありません。
He doesn’t like sushi.

(6)あなたはバスケットボールをしますか。
Do you play basketball?

(7)彼女はその本を持っていますか。
Does she have the book?

(8)トムは夕食後にテレビを見ます。
Tom watches TV after dinner.

(9)あなたは学校に行きましたか。
Did you go to school?

(10)私はピアノを弾きませんでした。
I didn’t play the piano.

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る