中学英文法「be動詞のポイント」

シェアする

中学英語の最初に登場する「be動詞」am、is、are、was、wereについて学習します。

be動詞とは

amisarewaswereをまとめて「be動詞」といいます。beはこれらの原型を表す単語です。日本語にすると「〜です。」「〜いる(ある)。」の意味があり、基本的な意味・役割は「主語について説明する」ことになります。文の中では主語の直後にきます。

  • I am a student. 「私は生徒です。」
  • This is a pen. 「これはペンです。」
  • You are good teachers. 「あなたはいい先生です。」
  • My book is on the desk. 「私の本は机の上にあります。」
スポンサーリンク

be動詞の種類

be動詞は、主語や現在・過去により5つの種類があります。主語が「I(私は)」の場合は「amyou(あなたは)」や「we(私たちは)」のような複数の場合は「arehe(彼は)」のようにI、you以外の単数のときは「isを使います。また、過去形になると、「am」「is」は「was」に、「are」は「were」に変化します。

主語 be動詞
現在 過去
I(単数:私は) am was
you(単数:あなたは)

we(複数:私たちは)
they(複数:彼らは)
the boys(複数:少年らは)
these(複数:これらは)

are were
he(単数:かれは)
she(単数:彼女は)
Mike(単数:マイクは)
it(単数:それは)
is was

be動詞のポイント

be動詞の簡単な意味と種類を覚えたところで、中学英語で最低限必要なbe動詞のポイントを説明します。

be動詞のポイント
❶「主語は~です。」主語=~
❷「主語は~にいる(ある)。」主語+be動詞+前置詞+場所
❸疑問文はbe動詞を前に出し、文末に「?」をつける。
❹否定文はbe動詞のあとに「not」をつける。
❺短縮表現「I’m」「you’re」「isn’t」「aren’t」を覚える。

❶be動詞「主語は~です。」

be動詞で最も多く見かける形が~です。という使い方になります。これは、「主語=~」というイコール関係を表しています。主語が何なのか、どんな状態なのかを表します。

主語+be動詞+名詞

  • I am a student. 「私は生徒です。」
  • This is a pen. 「これはペンです。」

のように、be動詞のあとに名詞を持ってきて、主語が何なのかを表すパターンです。

主語+be動詞+形容詞

  • I am happy. 「私は嬉しいです。」
  • She is beautiful. 「彼女は美しです。」

のように、be動詞のあとに、嬉しいや美しいのような形容詞を持ってきて、主語がどんな状態なのか、どんな性質があるのかを説明します。

❷be動詞「主語は~にいる(ある)。」

主語の存在を表す使い方で、主語がどこにいるのか、どこにあるのかを表します。場所を表す言葉の前に、「~の上」「~の中」「~の近く」などの前置詞が必要になることも覚えておきましょう。

主語+be動詞+前置詞+場所

  • Your book is on the desk. 「あなたの本は机の上にあります。」
  • I am near the station. 「私は駅の近くにいます。」

❸be動詞の疑問文

疑問文「~ですか?」の形にする場合は、主語の後ろにあるbe動詞を前に持ってきて、文末に「?(クエスチョンマーク)」をつけます。

  • 肯定文:She is a high school student. 「彼女は高校生です。」
  • 疑問文:Is she a high school student? 「彼女は高校生ですか。」

疑問文に対する答え方

疑問文で使った主語とbe動詞を使って、YesとNoで答えます。Noの場合は、be動詞のあとにnotをつけます。

  • Yesの場合:Yes , she is.
  • Noの場合:No , she is not.

「is not」は短縮表現が使われ、「isn’t」と書かれることがほとんどです。

❹be動詞の否定文

「~ではありません。」などの否定文にする場合は、be動詞のあとに打消しの「not」をつけるだけです。

  • 肯定文:She is a high school student. 「彼女は高校生です。」
  • 否定文:She is not a high school student. 「彼女は高校生ではありません。」

「She is not」は短縮表現を使って「She’s not」や「She isn’t」と書かれる場合が多いです。

❺be動詞の短縮表現

ネイティブの人は、表現を略すことが多いので、それぞれのbe動詞の短縮形も覚えておきましょう。「’」apostrophe(アポストロフィー)を使って、次のように短縮します。

主語+be動詞の短縮表現

  • I am → I’m
  • he is → he’s
  • she is → she’s
  • you are → you’re
  • it is → it’s
  • we are → we’re
  • they are → they’re
  • that is → that’s
  • these are → these’re
  • those are → those’re
  • there is → There’s
  • there are → There’re
  • There is ⇒ There’s

this isは短縮すると読みにくいので、短縮されません。

be動詞+notの短縮表現

  • is not → isn’t
  • are not → aren’t
  • was not → wasn’t
  • were not → weren’t

am notは短縮すると読みにくいので、普通短縮しません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る