中1数学「有効数字」

スポンサーリンク

中1数学「有効数字」についてまとめています。

有効数字

測定などによって得られた数のうち。意味のある数字を有効数字といいます。その数字の個数を有効数字のけた数といいます。有効数字をはっきりさせるために、整数部分が1けたの小数と、10の何乗かの積であらわします。

スポンサーリンク

例題

ある数、23014gを、次のけた数の有効数字で表しなさい。

  1. 2けた
  2. 3けた
  3. 4けた

例題 解説・解答

  1. 有効数字が2けたなので、上のけたから3番目の数字0を四捨五入して、2.3×104gと表します。
  2. 有効数字が3けたなので、上のけたから4番目の数字1を四捨五入して、2.30×104gと表します。(0を書き忘れないように注意!)
  3. 有効数字が4けたなので、上のけたから5番目の数字4を四捨五入して、2.301×104gと表します。

練習問題1

次の測定値を有効数字がはっきりとわかる形で表しなさい。
(1)10cmの位まで測った360cm
(2)1cmの位まで測った840cm
(3)100gの位まで測定した4200g
(4)10gの位まで測定した2800g

解答1

(1)3.6×102cm
(2)8.40×102cm
(3)4.2×103g
(4)2.80×103g

練習問題2

次の測定値は何の位まで測定したものか。
(1)4.5×102
(2)3.50×103 m
(3)1.8×102 km
(4)9.6×104 kg

解答2

(1)10ℓの位
(2)10mの位
(3)10kmの位
(4)1000kgの位

動画で確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする