中1数学「図形の移動」平行、回転、対称移動の作図まで仕上げよう!

スポンサーリンク

中1数学「図形の移動」平行、回転、対称移動の作図まで仕上げよう!についてまとめています。

  • レベル:基本
  • 頻出度:定期テスト
  • ポイント:それぞれの移動を理解する

図形の移動

図形の形と大きさを変えないで、位置だけを変えることを移動といいます。

スポンサーリンク

平行移動

平行移動
平行移動は、平面上で、図形を一定の方向に、一定の長さだけずらして、その図形を移すことです。平行移動では、対応する点を結んだ線分がそれぞれ平行で、その長さは等しいです。

  • 対応する2点を結ぶ線分は、長さが等しく平行である。
  • 対応する図形の線分は、長さが等しく平行である。

回転移動

回転移動
回転移動は、平面上で、図形を1つの点Oを中心として、一定の角度だけをまわして、その図形を移すことです。ちゅうしんとした点Oを開店の中心といいいます。特に、回転移動の中で180°の回転移動を点対称移動といいます。回転移動では、対称する点は、回転の中心から距離が等しく、回転の中心と結んできた角の大きさは、すべて等しいです。

  • 対応する2点は、回転の中心からの距離が等しい。
  • 図形のどの点も、回転の中心の回りに等しい角度だけ回転する。

対称移動

対称移動
対称移動は、平面上で、図形を1つの直線lを折り目として、折り返して、その図形を移すことです。直線lを大将の軸といいます。

  • 対応する2点を結ぶ線分は、対称の軸によって垂直に2等分される。

動画で確認

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする