中1数学「表を使った平均・仮平均」基準をうまく使うコツ!

スポンサーリンク

中1数学「表を使った平均・仮平均」基準をうまく使うコツ!について記述しています。

  • レベル:標準
  • 頻出度:定期テスト
  • ポイント:基準をうまく利用する

表を使った平均・仮平均

表を使った平均=基準点+(表の合計/表の個数)

スポンサーリンク

例題

次の表は、A~Eの5人の生徒の英語のテストの点数について、Dの得点を基準として、それぞれの得点がDと得点より何点高いかを示したものです。Dの得点を82点として、次の問いに答えよ。
表の平均1

  1. Aの得点は何点ですか?
  2. BとCの得点差は、何点ですか?
  3. A~Eの5人の得点の平均を求めなさい。

解答

  1. 90点
  2. 11点
  3. 83点

練習問題1

次の表は80点を目標点として、点数をまとめたものです。
表の平均2

  1. 最も高い点数と最も低い点数の差は何点ですか。
  2. 5回の平均点を求めなさい。

解答1

  1. 15-(-7)=22点
  2. (11+2-7-1+15)÷5=+4 80+4=84点

練習問題2

次の表は前のテストよりも何点上がったかをまとめたものです。1回目は75点でした。
表の平均3

  1. 最も高い点数と最も低い点数の差は何点ですか。
  2. 5回の平均点を求めなさい。

解答2

  1. 10
  2. 76.4

動画で確認

復習

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする