資料の整理(度数分布表・ヒストグラム)の練習問題

シェアする

中1数学「資料の活用(相対度数・代表値など)」についてまとめています。

資料の活用

まずは、資料の整理で出てくる用語とその求め方です。

スポンサーリンク

相対度数

相対度数は、各階級の度数の全体に対する割合を、その階級の相対度数といいます。一般的に小数第2位まで求めます。割り切れないときは、小数第3位を四捨五入。

  • 相対度数の計算=各階級の度数÷度数の合計

代表値

資料の値全体を代表する値を代表値といいます。

階級値

度数分布表で、各階級の真ん中の値を階級値といいます。

平均値

  • 平均値=資料の個々の値の合計÷資料の個数

中央値

資料の値の大きさの順に並べたとき、その中央の値を中央値または、メジアンといいます。資料の個数が偶数の場合は、中央に並ぶ2つの値の平均をとります。

最頻値

資料の値の中で、もっとも頻繁に現れる値を最頻値とまたは、モードといいます。

範囲

資料の最大の値と最小の値の差を分布の範囲、またはレンジといいます。

  • 範囲=最大値-最小値

資料の整理の度数分布表練習問題

【問1】次の表は、あるクラスの小テストの得点をまとめたものです。次の問いに答えなさい。

階級(点) 度数(人)
5以上~10未満 6
10~15 4
15~20 12
20~25 16
25~30 2
40
  1. 平均値を求めなさい。
  2. 中央値がふくまれる階級を答えなさい。
  3. 最頻値を求めなさい。
  4. 20点以上とった人は何人か答えなさい。
  5. 10点以上15点未満の階級の相対度数を求めなさい。
  6. 25点以上30点未満の生徒は、全体の何%か求めなさい。

【問2】
次の表は、あるクラスの生徒30人について、ある月の保健室の利用回数を調べ、その結果を度数分布表に整理したものである。この表からわかることとして正しいものを次のア~オからすべて選び、記号で答えよ。
度数分布表2

ア 回数の範囲は5回である。
イ 回数の平均値は2.5回である。
ウ 回数の中央値は2回である。
エ 回数の最頻値は3回である。
オ 回数が3回の階級の相対度数は0.20である。

資料の整理の度数分布表練習問題の解答

【問1】

  1. 18点
  2. 15点以上20点未満の階級
  3. 22.5点
  4. 18人
  5. 0.1
  6. 0.5

【問2】
ア・ウ・オ

<度数分布表の問題>
標準的なレベルの問題です。定期テストでもよく見かける問題が列挙されています。がんばって解いてみましょう。
度数
動画で解説①中1数学単元テスト 度数分布表の解答・解説

<ヒストグラムの問題>
標準的なレベルの問題です。こちらも定期テストでよく出題されるものとなっています。様々な代表値を求められるようになりましょう。
ヒストグラム
動画で解説②中1数学単元テスト ヒストグラムの解答・解説
以上が、中1数学「資料の整理の解き方のポイント」度数分布表・ヒストグラム 練習問題となります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る