中1数学「資料の活用(相対度数・代表値など)」

スポンサーリンク

中1数学「資料の活用(相対度数・代表値など)」についてまとめています。

資料の活用

  • 相対度数…相対度数は、各階級の度数の全体に対する割合を、その階級の相対度数といいます。
  • 相対度数の計算=各階級の度数÷度数の合計
  • 代表値…資料の値全体を代表する値を代表値といいます。
  • 階級値…度数分布表で、各階級の真ん中の値を階級値といいます。
  • 平均値=資料の個々の値の合計÷資料の個数
  • 中央値…資料の値の大きさの順に並べたとき、その中央の値を中央値または、メジアンといいます。資料の個数が偶数の場合は、中央に並ぶ2つの値の平均をとります。
  • 最頻値…資料の値の中で、もっとも頻繁に現れる値を最頻値とまたは、モードといいます。
  • 範囲…資料の最大の値と最小の値の差を分布の範囲、またはレンジといいます。(範囲=最大値-最小値)

練習問題

次の表は、あるクラスの小テストの得点をまとめたものです。次の問いに答えなさい。

階級(点) 度数(人)
5以上~10未満 6
10~15 4
15~20 12
20~25 16
25~30 2
40
  1. 平均値を求めなさい。
  2. 中央値がふくまれる階級を答えなさい。
  3. 最頻値を求めなさい。
  4. 20点以上とった人は何人か答えなさい。
  5. 10点以上15点未満の階級の相対度数を求めなさい。
  6. 25点以上30点未満の生徒は、全体の何%か求めなさい。
スポンサーリンク

解答

  1. 18点
  2. 15点以上20点未満の階級
  3. 22.5点
  4. 18人
  5. 0.1
  6. 0.5

動画で確認

あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする