中2理科「腎臓のはたらき」血液中の不要物をこしとる

スポンサーリンク

中学2年理科。血液循環で重要な腎臓について学習します。

  • レベル★★☆☆
  • 重要度★★☆☆
  • ポイント:アンモニアが尿素になり尿として排出される仕組み

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「腎臓のはたらき」

腎臓

腎臓(じんぞう)は、背中の腰あたりに2つある器官で、排出にかかわる大切な器官です。大きさは握りこぶしくらいの大きさで、絶えず大量の血液が流れ込んでいます。

腎臓では、血液中の不要物を取り除くというはたらきがあります。その他にも大切なはたらきがありますので、次の2つのはたらきをしっかりと覚えましょう。

  1. 血液中の尿素などの不要物をこし取り、尿として排出する。
  2. 血液中の塩分濃度を調節する。

腎臓のつくり

スポンサーリンク

アンモニアの排出

生物のからだでできる有害なアンモニアが排出される仕組みも重要です。細胞の呼吸や消化で発生する、人体にとって有害なアンモニアは、肝臓と腎臓のはたらきで体外に排出されます。

まず、肝臓で有害なアンモニアが、無害な尿素につくりかえられます。その後、尿素が含まれている血液は、心臓に戻り、肺循環で肺に送られます。再び心臓に戻ってきて、次は体循環で全身に送りだされます。このとき腎臓を通過した血液から、不要物である尿素がこしとられ、尿として体外に排出されます。

血液循環の図で確認してください。

腎臓と循環

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「腎臓のはたらき」

腎臓のはたらき 動画で確認

もっと詳しい解説や問題は…

FukuuExam