中2理科「酸化銀」の熱分解

スポンサーリンク

中学2年理科。化学変化の中の分解「酸化銀」の熱分解について学習します。

  • レベル★☆☆☆
  • 重要度★★☆☆
  • ポイント:酸化銀の色の変化、金属の性質

熱分解

熱分解とは、化学変化の一種で、加熱により、1種類の物質を2種類以上の別の物質にする化学変化でした。

加熱で A→B+C

酸化銀の熱分解

酸化銀の熱分解

酸化銀とは、金属の銀がさびて酸素がくっついたものです。銀のアクセサリーなどを放置しておくと、黒くさびてしまうことがありますね。それが酸化銀です。

しかし、銀は酸素とそれほど仲が良くありません。加熱するだけで酸素が銀から離れていきます。これが酸化銀の熱分解です。色の変化をよく問われますので、どっちが黒で、どっちが白色なのかをしっかりと覚えましょう。

酸化銀→銀+酸素

スポンサーリンク

銀(金属の性質)

酸化銀の熱分解の問題では、銀(金属)の性質が良く問われます。中学1年で学習済みですが、もう一度おさらいしておきましょう。

  • みがくと金属光沢が出る。
  • たたくとうすく広がる。(展性・延性がある)
  • 熱や電気をよく通す。

水上置換法

酸化銀の熱分解で発生する酸素の集め方は水上置換法です。なぜかというと、酸素は水に溶けにくという性質があるからです。水に溶けにくい気体は、すべて水上置換法で集めました。水で周りをおおわれているので、純粋な気体を集めることができました。

また、最初に発生する気体は集めないようにしましょう。実験器具内には空気が入っていますので、最初に出てくる気体には空気が混じっているからです。

酸素の調べ方

発生する気体の調べ方も重要です。酸化銀の熱分解では、酸素という気体が発生します。酸素を調べるときには、線香の火を使います。

線香の火を近づけると、炎をあげて激しく燃える。

実験の注意点

固体の加熱方法や、実験を終えるときの注意点、水上置換法での気体の集め方なども動画で復習しておきましょう。

酸化銀の熱分解

酸化銀の熱分解 動画で確認

もっと詳しい解説は…

FukuuExam

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする