中学国文法「品詞の識別の問題対策」(攻略ポイント・高校入試対応)

シェアする

スポンサーリンク

中学国文法「品詞の識別の問題対策」です。実際に問題を解きながら、解説を読むことで品詞の識別に関する問題の解き方のコツをつかめると思います。

中学生のための品詞の識別の問題

【問1】「彼のいいところはいくつも挙げられる。」の文の「られる」と同じ意味・用法のものをア~エの中から1つ選べ。

ア 先生が教室に入ってこられる
イ この人の未来が案じられる
ウ この模型なら組み立てられる
エ 多くの人から褒められる

【問2】「彼は、この状況を把握した。」の文の「この」の品詞を同じものをア~エの中から1つ選べ。

ア これまでにたくさんの経験をした。
イ そちらがおすすめの品です。
ウ ある有名な作家の本を読んでみた。
エ どちらを選んでも、いい経験になる。

【問3】「自分のことば言う。」の文の「で」と同じ意味・用法のものをア~エの中から1つ選べ。

ア 絵を色鉛筆書いた。
イ 声が穏やかよく通る。
ウ そのお店服を買った。
エ 彼は先生にふさわしい人ある。

【問4】「掲示板プリンを貼った。」の文の「に」と同じ意味・用法のものをア~エの中から1つ選べ。

ア 品物を豊富そろえる。
イ 風のよう彼は走る。
ウ 今も立ち去りたい気分だ。
エ 帽子とんばが止まった。

【問5】「いかにも初秋らしい天気だ。」の文の「らしい」と同じ意味・用法のものをア~エの中から1つ選べ。

ア あれは彼の父親らしい
イ 明日は、雪になるらしい
ウ 近くに図書館ができるらしい
エ 実に彼はスポーツマンらしい

スポンサーリンク

解説・解答

【問1】ウ れる・られるの用法 アは尊敬、イは自発 エは受け身 問題とウは、可能

【問2】ウ 連体詞と名詞の識別問題 「この」は連体詞 「これ」「そちら」「どちら」は、「が」をつけることで主語になれる名詞(代名詞)である。

【問3】ア 手段を表す格助詞を選べばよい イは形容動詞 ウは場所を表す格助詞 エは断定の助動詞「だ」の連用形

【問4】エ 場所を表す格助詞を選べばよい アは形容動詞 イは比喩 ウは副詞の「今にも」の一部

【問5】エ 形容詞の一部を選べばいい ア・イ・ウは、推定の助動詞

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る