中学英語「不定詞」名詞的用法・形容詞的用法・副詞的用法

シェアする

スポンサーリンク

中学英語。不定詞について学習します。基本的な用法から実戦レベルの内容まで学習します。

不定詞とは

不定詞とは、to+動詞の原形のことをいい、動詞を名詞や形容詞、副詞として使うことができる用法です。「to」の後は必ず動詞の原形が来ることを覚えておきましょう。

不定詞には、次の3つの用法(使い方)があります。

不定詞の3つの用法❶名詞的用法「~すること」
❷形容詞的用法「~するための」
❸副詞的用法「~するために」
スポンサーリンク

❶名詞的用法

その名の通り、文中で名詞と同じはたらきをします。名詞は、主語(S)、補語(C)、目的語(O)、になることができるので、名詞的用法をとる不定詞も主語(S)、補語(C)、目的語(O)になることができます。意味は「~することになります。

  • 主語(S)になる場合
    To help other people is good. 「ほかの人を助けることはいいことです。」
  • 補語(C)になる場合
    My dream is to visit Canada. 「私の夢はカナダを訪れることです。」
  • 目的語(O)になる場合
    I like to read books.  「私は本を読むことが好きです。」

❷形容詞的用法

その名の通り、文中で形容詞と同じはたらきをします。形容詞は名詞を修飾(詳しく説明)する言葉です。必ず名詞の後に置かれることもポイントです。意味は「~するためのなどになります。

  • 名詞を修飾する場合
    You have a lot of time to study. 「あなたは勉強するための時間が沢山あります。」
  • 代名詞を修飾する場合
    I want something hot to drink. 「私は何か温かい飲み物が欲しいです。」

❸副詞的用法

その名の通り、文中で副詞のはたらきをします。副詞は名詞以外の動詞や形容詞などを修飾する言葉です。意味は「~するためになどになります。

  • 目的を表す場合
    I came here to see Mike. 「私はマイクに会うためにここに来ました。」
  • 原因・理由を表す場合
    We are happy to see you. 「私たちはあなたにお会いできてうれしいです。」

不定詞と動名詞の書き換え

不定詞の名詞的用法と動名詞は、どちらも「~すること」と訳します。したがって、両者は書き換え問題でよく出題されます。書き換えができる場合と、できない場合があります。また、書き換えができても意味が異なってくる場合があるので、こちらも合わせた学習しておきましょう。

詳しくは、動名詞のポイントに記載しているので、そちらを参考にしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る