中学地理「東北地方の重要ポイント」

スポンサーリンク

中学地理「東北地方」定期テストのポイントについてまとめています。

東北地方

東北地方は、本州の北東部をしめ、津軽海峡を隔てて北海道と相対する。奥羽ともいう。

スポンサーリンク

東北地方の自然

自然は、中央に奥羽山脈が走り、日本海側の出羽山地、太平洋側の北上高地の間に盆地が点在。最上川は庄内平野、北上川は、仙台平野を流れる。太平洋岸では、夏にやませが吹き、冷害がおこることがある。三陸海岸にはリアス海岸が発達。

東北地方の生活

重要無形民俗文化財のなまはげの行事(秋田県)のほか、チャグチャグ馬コ(岩手県)、夏祭り(ねぶた祭、竿燈まつり、仙台七夕)など伝統行事が地域の生活に根づいている。宮城県仙台市が、東北地方の中心都市。

東北地方の農林水産業

秋田、庄内、仙台平野は、日本有数の穀倉地帯。津軽平野でりんご、山形盆地でさくらんぼや洋なし、福島盆地でももを栽培。青森ひば秋田すぎなど林業も。三陸海岸の沖合は潮目(潮境)にあたり、世界有数の漁場である。こんぶ、かきの養殖も盛んだが、東日本大震災で大打撃を受けた。

  • 津軽平野…日本最大のりんご生産地として知られる青森県西部の岩木川隆起に広がる平野
  • 山形盆地…果樹栽培がさかんで、なかでもさくらんぼ(おうとう)の全国最大の産地と知られる盆地
  • 八郎潟…大部分が干拓され、大型農業のモデル農村である大潟村が建設された秋田県北西部の湖

東北地方の工業

津軽塗(青森県)、天童将棋駒(山形県)、会津塗(福島県)など伝統的工芸品の生産が発達したが、後継者育成が課題。東北自動車道沿いに、IC(集積回路)、自動車部品などの工業団地が進出。原子力発電に代わる再生可能エネルギーの活用も進む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る