中学地理「中部地方」重要ポイント

シェアする

スポンサーリンク

中学地理「中部地方」定期テストのポイントです。

中部地方

中部地方は、本州の中央部(日本のほぼ中央)にあたり、古くから関東地方と近畿地方を結ぶ交通路の役割を果たした。

スポンサーリンク

中部地方の自然

北陸は、日本海側の気候で、冬に雪が多い。中央高地は、内陸の気候。日本アルプス(飛騨・木曽・赤石山脈)が連なり、盆地が点在。木曽川、天竜川は太平洋に注ぎ、信濃川、神通川などは日本海に注ぐ。東海は、太平洋側の気候で、温暖。

  • 日本アルプス…飛騨・木曽・赤石山脈。日本の屋根。
  • 火山…浅間山、富士山などが点在。
  • 河川…日本最長の信濃川、神通側などが日本海、木曽川・富士川などが太平洋に注ぐ。

名古屋大都市圏

名古屋市(愛知県)を中心に形成。名古屋港、中部国際空港から工業製品を輸出し、世界とつながる。

中部地方の産業

  • 東海…各種の産業がよく発達。
  • 中央高地…各地の盆地では、りんご・ぶどう・高原野菜の生産がさかん。林業(木曽ひのき)のほか、精密機械工業が発達。
  • 北陸…稲作が中心で単作地帯が広がり、「日本の米ぐら(穀倉地帯)」といわれている。北陸工業地域もあり、伝統工業が見られる。

中部地方の農水産業

北陸は、早場米の単作。中央高地では、冷涼な気候を利用し、レタスやキャベツなどの高原野菜の抑制栽培が盛ん。時期をずらして大都市圏に出荷している。扇状地が広がる甲府盆地はぶどう、長野盆地はりんごを栽培。東海は、台地で茶、斜面でみかんを栽培。渥美半島では、花の施設園芸農業が盛ん。焼津港(静岡県)は、遠洋漁業の基地である。

  • 施設園芸農業…東海地方で行われているビニールハウスなどを使って野菜や花をつくる農業
  • 越後平野…日本有数の稲作地帯となっている信濃川流域に広がる平野
  • 渥美半島…大都市向けの野菜や花の栽培がさかんな愛知県東部の半島。
  • 牧之原…静岡県南部の大井側下流の西側に広がる、茶の生産がさかんな大地
  • 甲府盆地…周辺部の扇状地を中心にぶどうや桃の栽培がさかんな、山梨県の中央部にある盆地

中部地方の工業

冬に雪で農作業ができない北陸では、輪島塗、加賀友禅、眼鏡フレーム(鯖江市)などの地場産業が発達。中央高地は、精密機械、電気機械工業。東海は、伊勢湾岸に中京工業地帯が広がり、豊田市に自動車工業、瀬戸市に陶磁器工業が発達。 静岡県の太平洋岸には、東海工業地域が形成されている。

その他の地方

中部地方|中学地理|基礎

以上が、中学地理「中部地方|日本アルプス・中京工業地帯・地場産業」重要ポイントとなります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る