【中学公民】国会・内閣・裁判所のしくみと仕事

スポンサーリンク

【中学受験・社会】の三権分立(国会・内閣・裁判所)についてまとめています。国の政治について、国会の仕事、内閣の仕事、司法である裁判所についてふれています。それでは、【中学受験・社会】三権分立(国会・内閣・裁判所)のまとめをみていきましょう。

国会

国会は、立法権(りっぽうけん)を担当し、選挙で選ばれた国会議員が国の政治の方向を話し合って決めます。日本国憲法において、「国権の最高機関であり、国の唯一の立法機関である」と定められています。

  • 最高機関といえるのは、主権者である国民が国会議員を選ぶためです。

法律の制定・改正・廃止、予算の審議・議決、決算の審議、内閣総理大臣の指名(両院)などが仕事。以下に、詳細あり。

スポンサーリンク

二院制

イギリスやアメリカも二院制ですが、衆議院と参議院からなり、2つの議院は議員数などにちがいがあります。慎重に話し合いをするためです。

衆議院 参議院
議員数 465人 242人
任期 4年 6年
解散 ある ない
改選 ない 3年ごとに半数
選挙権 満18歳以上 満18歳以上
被選挙権 満25歳以上 満30歳以上

国会の主な仕事

  • 法律の決める。
  • 国の予算を決める。
  • 決算の審議(しんぎ)
  • 内閣総理大臣を選ぶ。
  • 内閣不信任の決議(衆議院のみ)
  • 国政調査権(内閣の仕事を調査)
  • 外国との条約の承認(しょうにん)
  • 憲法改正の発議(はつぎ)
  • 弾劾(だんがい)裁判所の設置…裁判所の裁判官を裁判する。

内閣

内閣は、行政権(ぎょうせいけん)を担当し、内閣総理大臣と国務大臣で構成されます。国会で決まった予算や法律に基づいて、実際に政治を行います。

内閣総理大臣

内閣総理大臣は、首相(しゅしょう)とも呼ばれますが、内閣の中心者です。国会議員の中から国会によって指名され、天皇が任命します。省の長である国務大臣を任命します。

閣議

内閣総理大臣と国務大臣が出席。内閣の仕事の進め方を決める会議です。

主な内閣の仕事

  • 法律を実行する
  • 条約を結ぶなどの外交の仕事
  • 予算案や法律案をつくり国会に提出する
  • 政令を定める
  • 最高裁判所の長官を指名、その他の裁判官を任命
  • 天皇の国事行為に助言と承認をあたえる
  • 衆議院の解散決める。

裁判所

裁判所は、司法権(しほうけん)を担当し、憲法や法律にもとづいて、問題を解決し、国民の権利を守るための機関。

名称 設置数 特色 裁判官数および審理形式
最高裁判所 東京に1つ 違憲法令審査の終審 裁判所 = 憲法の番人 長官と14人の裁判官の計15人 大法廷(全員)、小法廷(3人以上)
下級裁判所 高等裁判所 8 控訴・上告審
内乱罪に関する第一審
合議制(3~5人)
地方裁判所 50 ふつうの事件の第一審 単独裁判、特別の事件は合議制
家庭裁判所 50 家事審判や調停と少年事件の裁判 単独裁判が原則、特別の事件は合議制
簡易裁判所 438 少額軽微な事件を裁判 単独裁判

三審制

裁判のあやまりをふせいで人権を守るため、1つの事件につき3回まで裁判を受けることができるしくみ。

裁判員制度

2009年に始まった制度で、国民の中からくじで選ばれた人が、刑罰が重い犯罪の裁判に参加し、裁判官とともに有罪・無罪の判決や刑罰の重さを決める制度。

三権分立

国の政治を進める立法権、行政権、司法権の3つの権力を、それぞれ国会、内閣、裁判所が担当するしくみ。権力が1つの機関に集中することがないように、それぞれの機関が独立し、おたがいの仕事を監視しあっています。

おすすめのテキスト

一問一答形式の問題でスピーディーに要点を確認できるテキストです。

中学受験ズバピタ社会政治・国際社会 (シグマベスト)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする