中2理科「血液の成分」ヘモグロビンの性質や組織液

スポンサーリンク

中学2年理科。血液の成分について学習します。

  • レベル★☆☆☆
  • 重要度★★★☆
  • ポイント:ヘモグロビンの性質を記述で書けるようになる!

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「血液の成分」

血液とは

血液は、人体を流れる液体成分です。体重の約7~8%が血液の量だといわれています。絶えずからだ全身を循環しており、全身の細胞に必要なものを届けたり、細胞でできた不要なものを運び出したりしています。また、病気にならないように、バイ菌を殺したりするはたらきも持っています。

スポンサーリンク

血液の成分

血液は、血しょうという液体成分に血球が浮かんでいるもので、次の成分とはたらきを覚えておきましょう。

  • 赤血球…酸素を運ぶ。
  • 白血球…体内に侵入した細菌を殺す。
  • 血小板…出血したときに血を固める。
  • 血しょう…液体成分。養分や二酸化炭素、不要物を運ぶ。

血液の成分

血しょうは液体成分なので、酸素以外の全てを運ぶと覚えておきましょう。また、血しょうは、血管の壁から血管の外にしみ出すことができ、血管の外に出ると名称が組織液に変わることに注意しましょう。

ヘモグロビンの性質

酸素を運ぶはたらきがある赤血球には、赤い色素のヘモグロビンが含まれます。このヘモグロビンの性質により全身に酸素を運ぶことができます。次の内容を記述で書けるようにしておいてください。

酸素が多いところで酸素と結びつき、酸素が少ないところで酸素の一部を離す性質がある。

からだの中で酸素が多いところは肺、酸素が少ないところは筋肉などの使った組織になります。

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「血液の成分」

血液の成分 動画で確認

もっと詳しい解説や問題は…

FukuuExam

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする