【中学歴史】室町時代の重要ポイント

スポンサーリンク

室町時代の重要ポイント

14世紀末、足利尊氏の孫義満の代になって、60年ほどつづいた南北朝の動乱はおわった。足利義満は、1392(明徳3)年に南北両朝の合体を実現させ、守護大名をおさえて幕府の全国支配を完成させた。幕府は京都の室町におかれたので、室町幕府といいます。その邸宅には名花・名木が集められ、「花の御所」といわれた。

室町幕府

室町幕府のしくみとは?
室町幕府とは 室町幕府は、北朝の天皇から征夷大将軍に任命された足利尊氏が、京都に幕府を開きました。 足利義満…室町時代の3代将軍…

建武の新政

建武の新政とは?
建武の新政 後醍醐天皇が行った新しい政治。公家(貴族)中心の政策だったため、武士が不満をもち、足利尊氏が兵をあげました。建武の新政は2年ほ…

室町時代の産業の発達

室町時代の産業の発達まとめ
室町時代の産業 産業の発達…農業の生産力が高まります。都市では、商工業者が座をつくりました。馬借や問など交通が発達。 農民の…

室町文化

室町文化
室町文化 金閣…足利義満が建てた山荘。公家・武家・禅宗の様式をあわせています。 能(能楽)…足利義満の保護のもとで観阿弥・世…

応仁の乱

応仁の乱とは?
応仁の乱 8代将軍足利義政のときにおこった戦乱。有力な守護大名の対立に将軍家のあとつぎ問題などがからみ、全国に争いが広がりました。戦国時代…
スポンサーリンク

室町時代の年表

  • 1333 後醍醐天皇が建武の新政を始める。
  • 1338 足利尊氏が征夷大将軍となる。
  • 1368 足利義満が征夷大将軍となる。
  • 1392 南北朝の統一
  • 1404 明との間で勘合貿易が始まる。
  • 1467 応仁の乱がおこる
  • 1485 山城国一揆
  • 1488 加賀の一向一揆
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る