【中学歴史】旧石器時代

スポンサーリンク

旧石器時代

旧石器時代は、大陸と陸続きで、マンモスやナウマン象、オオツノジカなどの大型の動物がすんでいました。人々の生活は、打製石器を使い、マンモスなどをとたえて食べていました。集団をつくり、えものを求めて移動しながら簡単は小屋や岩がけで生活していました。

  • 野尻湖(長野県)…ナウマン象の牙やオオツノシカの角が発見されています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る