中学英語「助動詞may」~してもよい(許可)~かもしれない(推量)

シェアする

スポンサーリンク

中学英語で学習する助動詞「may」について学習します。

助動詞「may」

助動詞「may」には、「~してもよい」という許可の用法と、「~かもしれない」という推量の用法があります。他の助動詞「can」や「must」などと同じように、後ろに動詞の原形をもってきます。

主語+may動詞の原形

  • You may eat this cake. 「このケーキを食べてもいいですよ。」
  • It may rain tomorrow. 「明日は雨かもしれない。」
スポンサーリンク

mayの否定文と疑問文

助動詞「may」を使った文章を否定文にするには、「may」の後ろに「not」をもってきます。また、疑問文にするには、「may」を文頭に出し、文末に「?」をつけます。

  • 否定文:She may not come here. 「彼女はここには来ないかもしれない。」
  • 疑問文:May I open the window? 「窓を開けてもいいですか。」

「may not」の短縮形は「mayn’t」になります。

助動詞「may」のポイント

助動詞「may」のポイントは次の通りです。

助動詞mayのポイント<!/span>❶May I ~ ?「~してもよいですか?」
❷「may not」で「must not」より弱い禁止
❸「may」と過去形の「might」の使い方

❶May I ~?「~してもよいですか?」

助動詞「may」の疑問文は「~してもよいですか」という意味になります。よく使う表現なので絶対に覚えてください。

MayI動詞の原形 ~ ?

  • May I open the window? 「窓を開けてもいいですか。」
    Sure. Of course. 「いいですよ。」
    I’m sorry you can’t. 「いけません。」

これと同じ表現として「Can I ~?」という表現がありますが、こちらの場合は、「May I ~?」よりも砕けた表現になりますので、友人などによく使います。

❷「may not」で弱い禁止

「may」の「~してもよい」という許可の用法で、これを否定文にすると「~してはいけない」という意味になります。以前に学習した「must not」と同じ意味になりますが、「must not」の方が禁止の意味が強くなります。

  • You must not go there. 「あそこに行ってはならない。(強い禁止)」
  • You may not go there. 「あそこに行ってはならない。(弱い禁止)」

❸「may」と「might」

助動詞「may」の過去形がmightになりますが、実際には「may」と同じように使われることがほとんどです。時制を一致させるときや、より丁寧な言い方をする場合に使われます。

  • May I open the window? 「窓を開けてもいいですか。(丁寧)」
  • Might I open the window? 「窓を開けてもいいですか。(より丁寧)」

「May I ~?」自体が丁寧な言い方ですので、「Might I ~?」は更に丁寧な言い方になります。日常生活ではあまり使わないようです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る