中3理科「体細胞分裂と減数分裂」染色体の数の変化

スポンサーリンク

中学3年理科。細胞分裂の体細胞分裂と減数分裂の違いについて学習します。

  • レベル★★☆☆
  • 重要度★★★★
  • ポイント:染色体の数の変化

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「体細胞分裂と減数分裂」

体細胞分裂と減数分裂

細胞分裂には、普通の細部分裂である体細胞分裂と、特別な細胞分裂である減数分裂があることを前回学習しました。今日は、この二つの細胞分裂の違いを詳しくみていきましょう。

細胞分裂と減数分裂

スポンサーリンク

体細胞分裂

体細胞分裂は、体細胞から体細胞をつくるときの細胞分裂です成長するための細胞分裂でもあります。全身のいたるところで行われており、細胞分裂前後で、染色体の数が変化しないことが特徴でした。

その他にも、単細胞生物がふえるときにも体細胞分裂でふえます。詳しくは生殖で学習します。

体細胞分裂と減数分裂

減数分裂

減数分裂は、体細胞からなかまをふやす時に必要な生殖細胞をつくるときの特別な細胞分裂です。オスとメスで受精をする際に大切な細胞をつくりだします。染色体の数が半分になることがポイントです。

授業用まとめプリントは下記リンクからダウンロード!
授業用まとめプリント「体細胞分裂と減数分裂」

体細胞分裂と減数分裂 動画で確認

もっと詳しい解説や問題は…

FukuuExam

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする