中1理科「気体の集め方」性質で集め方を変える!

スポンサーリンク

中学1年理科。気体の集め方に関して学習を進めます。

  • レベル★☆☆☆
  • 重要度★★☆☆
  • ポイント:水上置換法が最も優れた気体の集め方

気体の集め方

これから気体の性質について学習しますが、まずは発生した気体の集め方について見ていきましょう。発生した気体の集め方には、次の3つの方法があります。

  • 水上置換法
    水に溶けにくい気体を集める方法。
  • 下方置換法
    水に溶けやすく、空気より密度が大きい(重い)気体を集める方法。
  • 上方置換法
    水に溶けやすく、空気より密度が小さい(軽い)気体を集める方法。

この中で、最も優れた気体の集め方は「水上置換法」になります。周りを水でおおった状態で気体を集めることになるので、発生した気体を確認でき、純粋な気体を集めることができるからです。

気体の集め方

スポンサーリンク

気体の集め方フローチャート

気体の集め方は、発生する気体の性質によって変わります。次の流れで、どの集め方をするのか決定しましょう。

気体の集め方フローチャート

気体の集め方の注意点

気体を集める際に、次のことに注意しましょう。

気体の集め方の注意点

気体の性質 動画で確認

もっと詳しい解説は…

FukuuExam

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする