中学地理「関東地方|からっ風・京浜工業地帯・近郊農業」重要ポイント

スポンサーリンク

中学地理「関東地方」定期テストのポイントについてまとめています。

関東地方

関東地方は、日本列島のほぼ中央部をしめる。首都東京があり、日本の政治・製剤・文化の中心として発展。首都圏という場合には、関東地方の1都6県に山梨を加えた地域をいう。

スポンサーリンク

関東地方の自然

自然は、面積日本一の関東平野が広がり、東西に利根川が流れる。関東ローム(火山灰の赤土)が積もった台地と川沿いの低地からなる。三角州や扇状地も見られる。内陸は冬にからっ風の影響。東京の都心はヒートアイランド現象で気温が高い。

関東地方の都市

首都・東京・23の特別区。都心やターミナル駅(新宿・渋谷・池袋)がある副都心は、通勤・通学者が流入するため、昼間人口が夜間人口より多い。過密で、ラッシュ、住宅不足、ごみ処理など都市問題が深刻→幕張新都心、さいたま新都心などに首都の中枢機能を分散。東京湾岸でも再開発が進む。

関東地方の交通

東京を中心に鉄道・道路網が放射状に広がる。国内航空は東京国際(羽田)空港, 国際航空は成田国際空港が中心。

関東地方の産業

関東地方の農業

都市向けの近郊農業が中心。冷涼な嬬恋村(群馬県)では、キャベツ、レタスなど高原野菜の輸送園芸農業。温暖な房総半島、三浦半島では、花の栽培や野菜の促成栽培が盛ん。

  • 近郊農業…関東平野でさかんな、大都市向けに野菜や花など出荷する農業(千葉、茨城など)
  • 関東平野…関東地方には、日本で最も広い平野

関東地方の工業

東京湾岸に総合的な京浜工業地帯と、石油化学、鉄鋼が盛んな京葉工業地域が広がる。内陸には、工業団地が進出し、機械・食品工業が中心の北関東工業地域が形成された。

  • 京浜工業地帯…関東地方の高速道路沿いには工業団地が広がり、北関東工業地域が発達した。京浜工業地帯は、東京・川崎・横浜を中心として,藤沢・平塚などJR東海道本線沿いと、相模原・大宮などの内陸部に広がる日本有数の総合工業地帯です。重化学・機械工業を中心とします。出版業が突出しているのも特徴です。
  • 京葉工業地域…千葉県の東京湾沿岸の埋め立て地につくられた工業地域である京葉工業地域もあります。

新旧工業地域

  • (新)太平洋側…京葉工業地域(東京湾東岸)と鹿島臨海工業地域(茨城県南部)、関東内陸工業地域も発展。
  • (旧)北西山麓に絹織物業、東部の利根川流域で酒・醤油などの醸造業。

その他の地方

関東地方|中学地理|基礎

以上が、中学地理「関東地方|からっ風・京浜工業地帯・近郊農業」重要ポイントとなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする