中学地理「世界のすがた」定期テストのポイント

スポンサーリンク

中学地理「世界のすがた」定期テストのポイントについてまとめています。

世界のすがた

世界の州・大陸・海洋

  • 地球の大きさ…半径は約6400kmで,ほぼ球体。全周は約4万km, 表面積は約5.1億km。
  • 陸地と海洋…表面は海洋が7割, 陸地は3割。
  • 三大洋…最も広い太平洋のほか, 大西洋, インド洋。
  • 六大陸…最も広いユーラシア大陸, アフリカ大陸, 北アメリカ大陸, 南アメリカ大陸, 最も小さいオーストラリア大陸, どの国の領土でもない南極大陸。
スポンサーリンク

地球上の位置

  • 地球上の位置…緯度と経度で表すことができる。
  • 緯度…赤道を0度として,南北それぞれ90度に分ける。赤道より北を北緯,南を南緯という。北緯90度は北極点, 南緯 90度は南極点。同じ緯度を結んだ線を緯線という。
  • 経度…イギリスのロンドンを通る本初子午線を0度として,東西それぞれ180度に分ける。本初子午線より東を東経 西を西経という。同じ経度を結んだ線を経線という。
  • 対せき点…地球の中心を通った反対の地点。北極点の対せき点は南極点。日本の対せき点は、アルゼンチンの沖合にあたる。

緯度と季節

北半球と南半球では,季節が逆。高緯度地方では,夏至のころに太陽が沈まない白夜が見られる。

赤道を通る国

  • 南アメリカ州…ブラジル・コロンビア・エクアドル
  • アジア州…インドネシア
  • アフリカ州…ソマリア・ケニア・ウガンダ・コンゴ民主共和国・コンゴ共和国・ガボン・サントメプリンシペ

本初子午線を通る国

  • ヨーロッパ州…イギリス・フランス・スペイン
  • アフリカ州…アルジェリア・マリ・ブルキナファソ・トーゴ・ガーナ

世界地図

面積を正しく表す地図, 距離や方位を正しく表す地図(正距方位図法)など、目的に応じて利用される。

比較 正距方位 メルカトル モルワイデ
長所 距離と方位が正しい 角度が正しい 面積が正しい
短所 大陸の形のゆがみが大 高緯度地域ほど面積が大 大陸の形のゆがみが大
利用 航空図 航海図 分布図

詳細中学地理「地図の正距方位・メルカトル・モルワイデ図法」の違い・比較(練習問題付)

確認問題

次の問いに答えよ。

  1. 地球の表面のうち、陸地は約何割を占めているか。
  2. 世界の三大洋のうち、最も面積の大きい海洋は何か。
  3. 世界の六大陸のうち、最も面積の大きい大陸は何か。

解答

  1. 3割
  2. 太平洋
  3. ユーラシア大陸

動画で確認


以上が、中学地理「世界のすがた」定期テストのポイントです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする