中学英文法「副詞の重要ポイント」

中学英語の副詞について学習します。副詞とは何なのか、どんな副詞があるのか、英文中ではどの位置に来るのかなどについて説明します。

スポンサーリンク

副詞とは

形容詞は、名詞を詳しく説明(修飾)する言葉でした。今日説明する副詞とは、名詞以外の言葉を説明(修飾)する言葉になります。したがって、副詞は動詞や形容詞、副詞を修飾します。

よく使われる副詞

一言で副詞といっても多くの種類があります。中でも中学英語で頻繁に登場する副詞を紹介します。

時を表す副詞

  • now(今)
  • today(今日)
  • yesterday(昨日)
  • tomorrow(明日)
  • soon(すぐに)
  • then(そのとき)
  • after(あとに)
  • before(前に)
  • forever(永遠に)
  • already(すでに)

場所を表す副詞

  • there(そこで)
  • here(ここで)
  • near(近くで)
  • far(遠くで)
  • away(離れて)
  • up(上で)
  • down(下で)
  • home(家で)
  • abroad(海外へ)
  • anywhere(どこでも)

様態を表す副詞

  • well(上手に)
  • wrong(悪く)
  • badly(ひどく)
  • fast(速く)
  • early(早く)
  • quickly(すばやく)
  • slowly(ゆっくり)
  • carefully(注意深く)
  • hard(熱心に)
  • right(正しく)

頻度を表す副詞

  • always(いつも)
  • often(よく、しばしば)
  • usually(たいてい、普段)
  • sometimes(ときどき)
  • once(1度)
  • never(1度も~ない)

数量・程度の副詞

  • much(非常に)
  • little(ほとんど…しない)
  • very(とても)
  • so(とても)
  • too(…すぎる)
  • quite(まったく、すっかり)
  • almost(ほとんど)

などなど多くの副詞が登場します。

スポンサーリンク

副詞のポイント

副詞が英文中で置かれる場所は、形容詞と比べるとかなり自由度が増します。次のポイントを押さえておけば十分でしょう。

副詞のポイント
❶基本的に一般動詞の後ろ、be動詞・助動詞の後ろに置く。
❷頻度を表す副詞の場合は、一般動詞の前、be動詞の後ろにおく。
❸時や場所を表す副詞は、文末に「時+場所」の順に置く。
❹形容詞・副詞を修飾する場合は、修飾される単語の前に置く。

❶基本は一般動詞・be動詞・助動詞の後ろに置く

基本的に一般動詞を修飾する場合や、be動詞や助動詞がある場合は、副詞はその後ろに置かれます。また、「You play tennis.」のように動詞が目的語をとる場合、文末に副詞が置かれます。

  • He runs fast. 「彼は速く走る。」
  • I am very hungry. 「私はとてもお腹が空いている。」
  • You play tennis well. 「あなたは上手にテニスをします。」

❷頻度を表す副詞は一般動詞の前・be動詞の後ろ

usually(たいてい)などの頻度を表す副詞は、一般動詞の前、be動詞の場合はその後ろに置かれます。

  • I usually study after dinner. 「私はたいてい夕食後に勉強します。」
  • She is always busy. 「彼女はたいてい忙しいです。」

❸時や場所を表す副詞は文末に置く

時や場所を表す副詞は、「場所を表す副詞+時を表す副詞」の順番で文末に置かれることがほとんどです。

  • I’m going to eat dinner at home tonight. 「私は今夜家で夕食を食べるでしょう。」
  • He played soccer there yesterday. 「彼は昨日そこでサッカーをした。」

❹形容詞・副詞を修飾する場合はその前に置く

形容詞や副詞を修飾する場合、基本的にその単語の前に副詞を置きます。enoughなどのように、例外的に後ろに置く場合もあります。

  • She plays tennis very well.  「彼女はとても上手にテニスをする。」
  • She is so cute.  「彼女はとてもかわいい。」

コメント

テキストのコピーはできません。