【中学歴史】弥生時代

スポンサーリンク

弥生時代

弥生時代は、米作りが広がり、水田の近くに定住した時代です。米作りは、今から約2300年ほど前に中国や朝鮮半島から九州北部につたわり、西日本から東日本へと広がりました。米は、保存ができるため、稲作の広がりにより生活が安定しました。

  • 唐古遺跡(奈良)…稲作文化であることを証明。
  • 登呂遺跡(静岡)…高床倉庫、水田跡が初めて発掘され、稲作文化がよりはっきりする。
  • 吉野ケ里遺跡(佐賀)…環濠集落
スポンサーリンク

米作りの道具

米作りの道具は、木製のくわ、田げた、石包丁などです。収穫はした米は、高床倉庫に保存しました。高床倉庫は、湿気をふせぐために、床を高くしてあります。また、ねずみが倉庫の中に入らないようにするしかけもあります。

むらの発生

人々は、かしらを中心に、むらで協力して稲作や豊作をいのる祭りを行い、まとまりを強めました。低地に大集落形成し共同労働をし、高い生産性のため、余剰生産物があり、高床式倉庫を設置。竪穴住居に住んでいました。このころから貧富の差、階級が発生しています。

弥生文化

  • 弥生土器…縄文土器よりも、うすくてかたく割れにくいです。
  • 金属器…米作りとともに鉄器や青銅器(銅鐸・銅剣・銅矛など)が大陸から伝わります。
  • 青銅器は、祭りの道具などに使われ、鉄器は武器や農具、工具に使われました。
  • 弥生時代の遺跡…登呂遺跡、板付遺跡で水田のあとが見つかりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る