中高生向け定期テストで点数をあげる方法を伝授!

スポンサーリンク

中高生向け定期テストで点数をあげる方法を伝授!します。日ごろ勉強していない人が、「定期テスト 勉強法」「点数上げる 早く」「点数を上げる 楽に」なんて検索して、この記事をみていることでしょう。今回は、そんなあなたのために、「定期テストで点数をあげる方法を伝授!」します。それでは、中高生向け定期テストで点数をあげる方法を伝授!をみていきましょう。

勉強を始める前に

  • テスト範囲を確認。
  • 先生に質問。
  • 教科書、ノート、学校のテキスト・プリント。

この3つを心がけ、準備をする必要があります。

スポンサーリンク

テスト範囲を確認

「テスト範囲でない勉強を避けること」「計画的に学習できるようにするため」という目的があります。きっと、まだあまり勉強が好きでないのでしょうから、わざわざ点数につながらない学習をしたくないですよね。そのためには、テスト範囲を確認しましょう。

付箋紙を用意して、各教科、始まりのところと終わりのページには、付箋紙を張りましょう。そうすることで、毎回、どこからだったっけなので、テスト範囲を見返す手間もかかりません。そんなところで時間をロスをするのをさけましょう。

<おすすめの付箋紙>

送料無料 !( メール便 ) ふせんセット ケース入り 付箋 メモ 付箋 正方形 長方形 おしゃれ 付箋紙 (検索: 文房具 ステーショナリー 電話メモ メモ帳 手帳型ケース 入り ) 送料込 ◇ ロングタイプふせんセット

価格:395円
(2017/9/30 18:51時点)
感想(3件)

そして、学習計画を立てるのはおすすめです。「やるべきこと(ページ)÷テスト前の日数=1日にやるべきページ数」となります。これを各教科分析し、1日のスケジュールにそれぞれ入れていきましょう。そうしてやることで、毎回何からしようと迷う必要がなくなりますし、教科の隔たりや気分でこの教科を勉強しようということが避けられます。

先生に質問

先生は質問に弱い!これは、十中八九言えることです。頑張っている生徒には、優しく、贔屓をしたくなるものです。ですので、テスト前に質問などしに行くと、ポロッと出る問題や気をつけておく問題なんかを言ってしまうときがあります。これは本当です。

頭がいい人と一緒に質問しに行くとなおさらです(笑)。先生もうれしいんですね。塾や予備校の先生ではなく、自分を頼ってきてくれるというのがたまらないのです。

するべきこと

安易に過去問や市販されている教材に手を出すことは、いけません。まず、すべきことは、「教科書」、「ノート」、「学校のテキスト・プリント」です。特に、教科書は、章末問題、研究、発展、実験など特集ページは必ずおさえておきましょう。さらに、定期テストは、ノートが大切です。先生たちは、やはり自分のノートから出したいんです。とりわけ、オリジナルの解法や覚え方を伝授したところほど、出題されます。そして、最後は、学校で配布されたプリントやテキストです。ここから約50%~70%出題されることがほとんどです。がんばりましょう。

<おすすめノート>

コクヨ キャンパスノートセミB5(ドット罫) A罫 5冊

価格:440円
(2017/9/30 18:52時点)
感想(172件)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る