農業で使われる面積の単位「畝・反・町」とは?

スポンサーリンク

農業をやっていると、普段使わないような言葉がよく登場します。農地などの面積を表す単位などもその一つで混乱する方も多いのではないでしょうか。今日は農地の面積を表す単位「歩、畝、反、町」についてまとめてみました。

日本独自の尺貫法による面積

日本や東アジアには尺貫法とよばれる、長さや体積、質量を表す単位系があります。アジアの中でも若干の違いはありますが、今回は日本独自の尺貫法についてまとめてみました。また、太閤検地以前と以後では、単位(度量衡どりょうこう)が変更されていますので、太閤検地以後の内容でまとめています。

スポンサーリンク

面積の基本単位「一歩」

面積を考えるときの基本単位が「一歩(いちぶ)」です。この一歩と同じなのが「一坪」になります。広さは約3.3㎡で畳二畳分の広さに相当します。

最近では「一歩」という単位は使わないようで、「一坪」の方をよく耳にすると思います。実際に農地などでは「一歩」という広さは狭すぎるので、次に広い面積を表す単位「一畝」から使うことがほとんどではないでしょうか。

一歩(一坪)は約3.3㎡

畑の畝に由来する「一畝」

「畑に畝(うね)を作る」「道路が畝る」などとして使われる畝(うね)とは、 畑で作物を作るために細長く直線状に土を盛り上げた所のことを言います。そして、この畝から生まれた面積が「一畝(いっせ)」です。

「一畝(いっせ)」は、30歩(30坪)の塊のことをいい、約99㎡に相当する面積です。ほぼ1aの面積と同じになるのもポイントですね。

一畝は30歩で約1a

米一石がとれる面積「一反」

「田んぼ一反」などととしてよく使われる言葉です。「一反(いったん)」とは、10畝の塊で、歩(坪)で言うと300歩(坪)に相当します。一畝がおよそ1aでしたので一反は10aの面積に相当することになります。

この一反という面積は、ちょうど米一石がとれる田んぼの面積だったそうです。一石とは成人男性が1年間で消費する米の量になります。農地の条件等で同じ面積からとれるお米の量も変わりますので、昔の一反は場所によって広さが異なっていたようです。太閤検地後は一反は300歩に正式に統一されています。

一反は10畝(300歩)で約10a

約1ヘクタールの面積「一町」

「一町(いっちょう)」とは、10反の塊のことをいいます。一反が300歩(坪)でしたので、一町はその10倍の3000歩(坪)になります。一町は約9917㎡に相当し、1haとほぼ同じ面積になります。

長さの単位にも「一町(いっちょう)」と使われるので、面積の場合には歩をつけて「一町歩(いっちょうぶ)」と表されることもあります。

一町は10反(3000歩)で約1ha

まとめ

日本独自の面積を表す単位「歩、畝、反、町」。その歴史をひも解くだけでも多くのことが学べそうです。過去の生活習慣や権力者たちの思惑、歴史の流れなどがくみ取れます。一つのことに着目してそれだけを調べるというのも歴史の勉強に役立ちそうですね。

面積の他にも、長さや質量、体積の単位にも日本独自のシステムがあります。こちらも機会が合ったらまとめてみます。

一芸に熟達せよ 多芸を欲張るものは巧みならず」長宗我部元親

あわせて読みたい記事

福岡県の農業の偉人、宮崎安貞がかいた『農業全書』に関する記事です。

糸島の休耕地を素人が一から耕す奮闘記です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする