日米修好通商条約とは?(中学歴史)

スポンサーリンク

日米修好通商条約

外国人の犯罪を日本の法律で裁けない、関税を日本側だけで決められないといった、日本側に不利な項目もある不平等条約

  • 1858年にハリスと結ぶ。
  • 大老の井伊直弼は条約を結ぶ際に朝廷の許しを得なかった
  • アメリカに領事裁判権を認めない
  • 日本に関税自主権がない
  • 神奈川・長崎・新潟・兵庫を追加開港
領事裁判権…外国人が、現在住んでいる国の裁判権に服さず、本国の法にもとづいて本国領事の裁判を受ける権利。
関税自主権…国家が輸入品に対して自主的に関税を決められる権利。
中学歴史「日本の開国から倒幕までのまとめ」
中学歴史「日本の開国」日米和親条約・尊王攘夷運動・薩長同盟についてまとめています。 日本の開国 日本は、開国によって、貿易を開始します。…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る