中学公民「消費生活と流通の一問一答」

シェアする

消費生活と流通の一問一答

次の問題に答えなさい。

1 売るためにつくられるもので,財(もの)とサービスに分けられるものを何といいますか。
2 家計の支出のうち、食料品,衣服,教育などの支出を何といいますか。
3 消費者が、自分の意思と判断で1を購入することを何といいますか。
4 消費者団体の結成や商品テストの実施など、消費者の権利を守るために行われる運動を何といいますか。
5 消費者が被害を受けた場合、たとえ過失がなくても製造者の企業に賠償を義務づけた法律を何といいますか。
6 訪問販売などで商品を購入した場合、一定期間内であれば契約を解除できる制度を何といいますか。
7 財(もの)やサービスの流通を専門的に行う、卸売業者や小売業者の活動を何といいますか。

スポンサーリンク

消費生活と流通の一問一答解答

1 商品

2 消費支出

収入(所得)の種類…会社や官庁などに勤めて得る勤労所得、農業や商店の自営業者が得る事業所得(個人業主所得)、利子や家賃などの財産所得。
貯蓄…銀行預金や生命保険料など、収入から支出を差し引いた残り。将来の支出に備える。

3 消費者主権

消費者の四つの権利として、1962年、アメリカのケネディ 大統領が「安全である権利」「知る権利」「選ぶ権利」 「意見を反映させる権利」を明確化した。

4 消費者運動
悪質商法:電話勧誘販売,訪問販売(家庭訪販), ア ポイントメントセールス,キャッチセールス, マル チ(まがい)商法など。悪徳商法ともいう。 自己破産:クレジットカードやオンライン・ショッ ピングなどにより買い物は便利になったが、返済で きなくなり、自己破産をする人が増加している。

5 製造物責任法(PL法)

6 クーリングオフ

7 商業

確認中学公民「くらしと流通のしくみ」重要ポイント

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る