小学生低学年のためのおすすめ「プログラミング教材」まとめ

スポンサーリンク

小学生低学年のためのおすすめ「プログラミング教材」まとめです。今や、小学生の将来なりたい職業ランキングでも、プログラマーが上位に挙がるなど、プログラミングを必要とする職種も多くなってきました。教育現場でも、2020年から義務教育の中に「プログラミング」という教科が入ることが決まっています。そんな中、プログラミングをはじめたいお子様や。プログラミングをやらせたいという親御さんがいると思うで、今回は、自宅でできるおすすめのプログラミング教材をピックアップしてみました。

小学生からはじめるわいわいタブレットプログラミング

まず最初に紹介する小学生低学年のためのおすすめプログラミング教材は、「小学生からはじめるわいわいタブレットプログラミング」です。このテキストは、小学低学年から楽しめるプログラミングの学習書となっています。プログラミング学習を通じて、自ら仕組みを考え、手を動かし、時には仲間といっしょになって、モノを作り上げる楽しさ、面白さを体験できるようになっているので、この教材を通じて勉強そのものを好きになるかもしれませんね。

内容は、教育用プログラミングソフトの定番「Scratch(スクラッチ)」のタブレット(iPad)版といえる「Pyonkee(ピョンキー)」が使用されています。タブレットの各種センサーやカメラを利用した作品、タブレットを持って体を動かしたり歩いたりして楽しめる作品がつくれるようになっています。

スポンサーリンク

特長の整理

  • プログラミング学習に10年以上携わる阿部和広氏の書き下ろし
  • 「Pyonkee(ピョンキー)」を使用
  • いろいろな作品がつくれる。


小学生からはじめるわいわいタブレットプログラミング

ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング

次に紹介するのは、小学生低学年のためのおすすめプログラミング教材は、ぼうけんキッズから出版されている「ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング」です。園児から小学生、大人まで「プログラミング」の楽しさを体験できるテキストになっています。絵を描いて遊びながらプログラミングできる、ビジュアルプログラミング言語であるビスケット(Viscuit)を使ってプログラミングを体験できます。

直観的にプログラムを作れるので、一度やれば、あとはどんどん自分でいろいろな動きのプログラムを考えて創り出すことができるはずです。ビスケットでプログラムを作ることで、子どもたち自らが考え、創造し、伝える力を育むことができるようになっています。

また、学んでいくうちに、アイデア次第でアニメーション、ゲーム、音楽など、いろいろな動きを作ることが可能な教材なので、どんどん自ら学んでいけるようになっています。

特長の整理

  • ビスケット(Viscuit)の使用。
  • いろいろなオリジナル作品がつくれる。
  • 操作が簡単。1.ビスケットで絵を描く2.「メガネ」で動きを作る この2つだけ。


ビスケットであそぼう 園児・小学生からはじめるプログラミング (ぼうけんキッズ)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする