中学地理「世界と日本の自然・人口」

スポンサーリンク

中学地理「世界と日本の自然・人口」についてまとめています。

世界と日本の自然

スポンサーリンク

二つの造山帯

環太平洋造山帯(日本列島を含む)とアルプス・ヒマラヤ造山帯は,火山の噴火や地震が多い。

山地

国土の約4分の3が山地。フォッサマグナが東西に分ける。中央に日本アルプス(飛騨・木曽・赤石山脈)が連なる。

平野川は短くて、流れが急。利根川は流域面積日本一。川が運んだ土砂で,平野に三角州, 盆地に扇状地が形成。

海岸・海

リアス海岸, 砂浜海岸, さんご礁など変化に富む →埋め立てで工業用地、干拓で農地に変わった海岸も多い。周辺には大陸棚が広がり,黒潮(日本海流), 対馬海流, 親潮 (千島海流)などが流れる。潮目(潮境)は世界有数の漁場。

世界と日本の人口

人口の構成

人口の構成

世界の人口

約73億人(2015年)でアジアに約6割が住む。アジアとアフリカの発展途上国では人口爆発がおきている。

日本の人口

1940年代後半はベビーブームで人口増加→1980年頃から高齢化→出生率の低下で、少子高齢化へ。

人口分布

三大都市(東京,大阪,名古屋)に加え、地方中枢都市が成長し、過密が問題。人口が郊外へ移動し、ドーナツ化現象が見られたが、近年は都心回帰現象。農山村は過疎が進む。

人口 授業動画

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする