中1数学「式の値を求める計算の仕方のポイント」

シェアする

スポンサーリンク

中1数学「式の値」まず代入する前に計算をする!について記述しています。式の値を求める問題は。入試やテストでも頻出の問題形式です。しっかり習得しましょう。

  • レベル:標準
  • 頻出度:定期テスト・実力テスト
  • ポイント:計算する整理して代入

式の値を求めるポイント

  • 与えられた式は、整理(計算)して代入
  • マイナスの値や多項式を代入するときは、(  )をして代入

よく間違えやすいのは、与えられるものが、マイナスの値や多項式(式になっているもの)です。その際には、(   )をつけて代入することがポイントです。特にマイナスの値を代入するときは、指数計算を要求されることもあるので注意が必要です。
確認中1数学「指数計算」間違えやすいのはこのパターン!

式の値 練習問題1

次の問いに答えよ。

①x=2のとき、2x-3-5x+7の式の値を求めよ。
②x=-2のとき、5 x-3-2x+6の式の値を求めよ。
③x=3のとき、3x+2+x-7の式の値を求めよ。
④x=2のとき、5x+2+4x-8の式の値を求めよ。
⑤x=-2のとき、3x-3-4x-9の式の値を求めよ。

スポンサーリンク

解答1

①-2
②-3
③7
④12
⑤-10

式の値 練習問題2

次の問いに答えよ。
式の値指数中1数学

解答2

①4
②4
③8
④-8
⑤-4
⑥-4
⑦-8
⑧8
⑨6
⑩-1

式の値 動画で確認

中学数学計算 あわせて確認

以上が、中1数学「式の値」まず代入する前に計算をする!となります。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る