【中学受験・社会】日本国憲法と私たちのくらし

スポンサーリンク

中学受験・社会によく出題されるテーマの1つである「日本国憲法」についてまとめています。日本国憲法に関して、天皇のおもな国事行為や基本的人権の尊重、平和主義などにもふれています。それでは、【中学受験・社会】日本国憲法と私たちのくらしをみていきましょう。

日本国憲法

日本国憲法は、1946年11月3日に公布され、1947年5月3日に施行されました。前文と103条から成り立っています。戦後の日本の民主政治の基礎となっています。国民主権、基本的人権の尊重、平和主義を原則としています。

  • 日本国憲法の改正…憲法は、国の政治の基本を決めるものなので、改正には慎重な手続きが必要です。
スポンサーリンク

国民主権

国民主権は、国の政治について最終的に決定する権利が国民にあるということです。

  • 参政権…政治に参加する権利。
  • 情報公開制度…市などがもつ情報を市民に提供する制度。

天皇

大日本国憲法では、主権者。日本国憲法では、日本の国と国民のまとまりの象徴。政治についての権限はいっさいもたず、国事行為のみを、内閣の助言と承認のもとについて行う。
さらに詳しく大日本帝国憲法と日本国憲法の比較と違い

天皇のおもな国事行為

国事行為とは、憲法に定められた仕事。

  1. 国会の指名にもとづき、内閣総理大臣を任命する。
  2. 内角の指名にもとづき、最高裁判所長官を任命する。
  3. 国会を召集する。
  4. 法律や条約などを公布する。
  5. 栄典を授与する。
  6. 外国の大使・公使をもてなす。

基本的人権の尊重

基本的人権は、人が生まれながらに持っている権利で、すべての国民に保障されています。

  • 基本的人権の種類…自由権(自由に生きる権利)、平等権(すべての国民が法のもとに平等なあつかいを受ける権利)、社会権(人間らしい生活をする権利)、人権を守るための権利に大きくわけられます。このほかに、知る権利などの新しい人権も認められてきています。

国民の基本的人権

  • 思想や学問の自由
  • 言論や集会の自由
  • 居住・移転と職業を選ぶ自由
  • 個人の尊重と法のもとの平等
  • 男女の平等
  • 健康で文化的な生活を営む権利
  • 教育を受ける権利
  • 働く権利
  • 働く人が団結する権利
  • 政治に参加する権利
  • 裁判を受ける権利

国民の義務

日本国憲法には、国民の権利とともに、国民が果たさなければならない義務もさだめられている。

  • 子どもに教育を受けさせる義務
  • 税金を納める義務
  • 働く義務

平和主義

平和主義は、第二次世界大戦の反省をもとに。日本国憲法の前文では、二度と戦争をしないことをちかう。第9条では、戦争を放棄し、戦力をもたず、交戦権を認めないことを定めています。

  • 非核三原則…日本では、原爆の被害を受けた、世界でただ1つの国。日本は、「核兵器をもたない、つくらない、もちこませない」という原則をかかげています。

自衛隊

日本の平和と独立を守ることをおもな目的として組織された。自衛隊が憲法の平和主義に反するかどうかについて、さまざまな意見があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする