【中学歴史】平安時代の重要ポイント

スポンサーリンク

平安時代(摂関政治と国風文化)についてまとめています。平安時代について、摂関政治、国風文化、武士のおこり、院政・平氏の政治などにふれています。それでは、平安時代(摂関政治と国風文化)をみていきましょう。

平安時代

794年に桓武天皇が京都に移したのが平安京です。この都で政治が行われた時代を、平安時代といいます。このころ、新しい仏教として、唐で学んだ最澄が天台宗、空海が真言宗を広めます。

摂関政治

摂関政治とは?
摂関政治 貴族の藤原氏が、天王が子どものときは摂政、成人してからは関白として職について行った政治です。藤原氏は、むすめを天皇のきさきとし、…

国風文化

国風文化
国風文化 遣唐使の停止…唐がおとろえたことなどを理由に菅原道真が提案 かな文字…漢字をもとにつくられました。紫式部の「源氏物…

院政とは?

院政とは?
院政 天皇の位をゆずったのちに、上皇として行う政治です。荘園を保護しました。 <武士のおこり> 地方の豪族などが自分の土地を守るために…
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る