【中学歴史】飛鳥時代の重要ポイント|聖徳太子の政治・大化の改新

スポンサーリンク

飛鳥時代についてまとめています。飛鳥時代について、聖徳太子の政治と大化の改新を中心に、飛鳥文化や、大宝律令についてもふれています。

聖徳太子の政治

聖徳太子は、同時に10人のうったえを聞くことができるほどの伝説がありますが、推古天皇の摂政でした。摂政と歯。天皇を助けて政治を行う役職です。蘇我氏と協力して、仏教を取り入れた天皇中心の国づくりをめざしました。
もっと詳しく聖徳太子

スポンサーリンク

冠位十二階

家柄に関係なく能力のある人を役人に取り立てる制度です。

十七条の憲法

役人の心構えを示しました。仏教や儒教のえいきょうが見られる憲法でshた。

  • 第1条 人の和を第一にしなければなりません。
  • 第2条 仏教をあつく信仰しなさい。
  • 第3条 天皇の命令は必ず守りなさい。
  • 第12条 地方の役人が勝手にみつぎ物を受け取ってはいけません。

遣隋使(けんずいし)

大陸の制度や文化を取り入れるため中国(隋)に小野妹子を送ります。
確認【中学歴史】よく出る人物の一覧・ランキング

飛鳥文化

都の中心であった飛鳥地方を中心にさかえました。仏教のえいきょうを強くうけた文化で、聖徳太子が建てたといわれる法隆寺が代表的です。

  • 法隆寺…現在の奈良県にあり、現存する世界もっとも古い木造建築物です。法隆寺釈迦三尊像の本尊は、ほほえんているような表情をしています。

大化の改新

645年、中大兄皇子(のちの天智天皇)と中臣鎌足(のちの藤原鎌足)らが豪族の蘇我氏をたおして始めた改革です。蘇我氏は。聖徳太子の死後、権力を独占していました。

  • 政治…天皇中心の国づくりをすすめ、土地や人民を国のもととしました。公地公民がその例です。

壬申の乱

天智天皇の死後、皇位をめぐっておきた争いです。争いに勝った天武天皇が力を強めます。

大宝律令

701年、中国(唐)の律令制度にならって定められ、天皇を中心とする、法令にもとづく政治のしくみが整えられました。大化の改新の考え方を実現することになります。

  • 律…刑罰についての法
  • 令…一般の法律

定められた方針

  1. これまでの天皇や豪族が雌雄していた土地や人民は、すべて国家のものとする。
  2. 都や地方の区画(国・郡)を定め、都から地方に役人を派遣して納めさせる。
  3. 戸籍をつくり、人々に田(口分田)をわりあてて耕作させる。
  4. 布などを納める税の制度を統一する。

新しい税のしくみ

  • 租…田からとれた稲の約3%を納めます。
  • 調…織物や地方の特産物を納めます。
  • 庸…1年に10日都で働くか、布を納めます。
  • 雑徭…1年に60日以内、国司のもとで働きます。
  • 兵役…成年男子3人に1人の割合で、都の守り(衛士)が九州の守り(防人)につく。

中学歴史の復習

以上が、【中学歴史】飛鳥時代の重要ポイント|聖徳太子の政治・大化の改新となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする