中学公民「政府の仕事の一問一答」

シェアする

政府の仕事の一問一答

次の問題に答えなさい。

1 政府(国・地方公共団体)が収入を得て、それを支出する経済活動を何といいますか。
2 所得が多いほど税率を高くする課税の方法を何といいますか。
3 税収の不足を補うために政府が発行する借金で、国が発行する国債と地方が発行する地方債をまとめて何といいますか。
4 社会保障への支出が大きな割合をしめる、政府の1年間の支出を何といい ますか。
5 不景気(不況)と好景気(好況)が交互にくり返されることを何といいますか。
6 景気の安定化をはかるために、政府が景気の状態に応じて、支出の増減などで景気の波を調整する政策を何といいますか。

スポンサーリンク

政府の仕事の一問一答解答

1 財政

2 累進課税(制度)

3 公債

公債は、税収の不足を補うために政府が発行する借金で、国債と地方債がある。
国債の問題
国債残高は巨額です。大量の発行は、将来世代に負担を回す日本経済への国際 的な信用が悪くなる、政府の自由になるお金が少なくなる(財政の硬直化)などの問題点がある。

4 歳出

5 景気変動

6 財政政策

経済の安定化機能として、景気の大きな変動に対して、日本銀行と協調しながら、景気を調整して安定させる(財政政策)。逆進性といって消費税は、財(もの)やサービスを買うすべての人に同じ税率で税金がかかるため、低所得者ほど負担が重くなる。これを逆進性(逆進課税)という。
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る