中1理科問題演習「身近な生物の観察」顕微鏡やルーペでの生物の観察

スポンサーリンク

中学1年理科。身近な生物の観察について学習します。ここでは、身近な場所にどのような生物がいるのか、また、それらを顕微鏡やルーペで観察する問題を中心に演習します。

問題→中1理科「身近な生物の観察」問題用紙

身近な生物の観察 問題演習

春に学校の校舎のまわりで、身近な生物の観察を行った。下の図は、植物の観察場所の記録であり、A~Dは植物を観察した場所を示している。また、観察場所の環境を表にまとめてある。これについて、次の各問いに答えよ。

身近な生物の観察

(1)観察場所のA~Dで、観察した植物のスケッチを行った。スケッチの仕方について述べたものとして最も適切なものを、次のア~エから選び記号で答えよ。
ア 太い線ではっきりとかき、影をつけない。
イ 太い線ではっきりとかき、影をつける。
ウ 細い線ではっきりとかき、影をつけない。
エ 細い線ではっきりとかき、影をつける。

(2)観察場所のAは、人通りが多く踏み固められ硬くなっていた。このような場所に生える植物として最も適当なものを、次のア~エの中から一つ選び、記号で答えよ。
ア ゼニゴケ  イ イヌワラビ  ウ ヒメジョオン  エ タンポポ

(3)ゼニゴケを観察した場所として最も適当な場所を、観察場所A~Dから一つ選び、記号で答えよ。

ルーペ(4)観察場所で植物の花のつくりを観察するとき、右図のようなルーペを用いて観察を行った。ルーペの使い方として最も適当なものを、次のア~エの中から一つ選び、記号で答えよ。
ア 観察するものが動かせる場合、ルーペを前後に動かしてピントを合わせる。
イ 観察するものが動かせる場合、観察物を前後に動かしてピントを合わせる。
ウ 観察するものが動かない場合、ルーペを前後に動かしてピントを合わせる。
エ 観察するものが動かない場合、明るく見えるように太陽を背景に観察を行う。

双眼実体顕微鏡次に、ある観察場所で見つけたタンポポの花を詳しく観察するために、理科実験室で右図のような双眼実体顕微鏡を用いて観察を行った。これについて、以下の各問いに答えよ。

(5)双眼実体顕微鏡での観察物の見え方の特徴を、簡潔に答えよ。

(6)右の図の双眼実体顕微鏡のA、Bの部分の名称を答えよ。

(7)右図の双眼実体顕微鏡で操作するとき、最も適当な順序となるように次のア~エを並べ替えよ。ただし、アから始めるものとする。
ア 両眼の間隔に合うように、鏡筒の間隔を調節する。
イ Bを回してピントを合わせる。
ウ Aを回してピントを合わせる。
エ 鏡筒を支えながら、粗動ねじをゆるめてほぼピントを合わせる。

次に、観察場所Dの近くにある池で採取した水を、顕微鏡を使って観察した。すると顕微鏡の視野内に下図のような生物が観察できた。これについて、次の各問いに答えよ。

微生物の観察

(8)上図の視野の中に見える生物を視野の中央にもってくるには、上図のプレパラートをア~エのどの方向に動かせばよいか。記号で答えよ。

(9)プレパラートを適切に動かし、観察したい生物を視野の中央に移動させた。次に対物レンズの倍率を上げるために、顕微鏡のどこを回転させるか。名称を答えよ。

(10)顕微鏡の倍率を、低倍率から高倍率に変化させたときの、視野の範囲と明るさはどのようになるか。最も適切なものを次のア~エの中から選び、記号で答えよ。

視野の範囲 視野の明るさ
広くなる 明るくなる
広くなる 暗くなる
せまくなる 明るくなる
せまくなる 暗くなる

(11)他にもいろいろな水中の生物を観察することができた。下の図はこのとき観察できた生物を表している。このなかで、実際の大きさがも最も大きいものはどれか。一つ選び、記号で答えよ。

水中の微生物

(12)(11)のA~Fの生物のうち、緑色をしているものをすべて選び、記号で答えよ。

(13)観察を終えて顕微鏡をなおすときに、先に外すレンズは何レンズか。

スポンサーリンク

身近な生物の観察の問題用紙

下記リンクよりダウンロードしてください。

問題→中1理科「身近な生物の観察」問題用紙

解答・解説「身近な生物の観察」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る