▶ YouTube授業動画もやっています

中学歴史「産業革命の重要ポイント」

スポンサーリンク

ヨーロッパの産業革命

三国貿易(中学歴史)
18世紀後半、イギリスで蒸気機関を改良→工業製品の大量生産→資本家と労働者の誕生→資本主義の広がり。一方で、マルクスが唱えた社会主義の考え方も生まれる。

産業革命のドイツ

ビスマルクの指導の下、ドイツ帝国の発展。

産業革命のロシア

ロシアでは戦争や皇帝の専制に対する不満が爆発。1917年労働者のストライキや兵士の反乱が続き、レーニンの指導のもと、世界で初めて社会主義の政府ができた。19世紀に南下政策→中国や日本と対立。

産業革命のアメリカ

1861年南北戦争→リンカンの奴隷解放宣言。

産業革命の中国(清)

イギリスがインドから持ちこむアヘンの取りしまり→アヘン戦争→南京条約→洪秀全率いる太平天国の乱。

産業革命のインド

イギリスで始まった技術向上による産業と社会の仕組みの変化。産業革命のおきたイギリスからの安い綿織物が大量に流入→1857年インド大反乱→イギリスが鎮圧→植民地化。

確認【中学歴史】明治時代の重要ポイント

コメント