【中学歴史】ヨーロッパの産業革命

シェアする

ヨーロッパの近代革命

三国貿易(中学歴史)

スポンサーリンク

啓蒙思想

教会や国王の支配に苦しんでいた人々に、新しい社会の到来を合理的にわかりやすく説明し、自覚させるもので、啓蒙思想と呼ばれます17世紀、ロック、モンテスキュー、ルソーなど。

  • ロック…イギリスの哲学者である。政治思想家としては『統治論(統治二論・市民政府二論)』などを著した。
  • モンテスキュー…フランスの啓蒙思想家・法律家であるモンテスキュー(1689~1755)は、ロックの影響を受けつつ、古代ローマ史などの研究や、ヨーロッパ各国の社会事情や制度を実地に調査した結果をもとに『法の精神』を著した
  • ルソー…フランスの啓蒙思想家で、ロックらの社会契約説に学んだ。

近代革命期のイギリス

1215年マグナ・カルタ~17世紀半ば、国王が議会を無視した政治を行う→1640年ピューリタン革命→共和制→1688~89年名誉革命→「権利章典」の制定。

  • ピューリタン革命…1640年から60年、王政が否定され、クロムウェルによる共和政治が行われる。
  • 名誉革命…1688年、議会を無視する国王を追放し、新たなを王を迎える。翌年、権利章典を制定。名誉革命によってイギリスの議会政治の基礎ができた。
ピューリタン革命
1640年から1660年、王政(国王の専制政治)が否定され、クロムウェルによる共和政治が行われる。議会にピューリタンが多かったことからそう呼ばれる。➊王権神授説…国王の権限は、神から与えられて絶対という考えで、国王の専制政治のよりどころ
➋共和制…君主をもたない政治。しかしながら、誠意が独裁的になり、のちに王制が復活。
➌ピューリタン…清教徒。キリスト教のプロテスタント(カルヴァン派)の大きなグループ

近代革命期のアメリカ

イギリスの植民地→1775年独立戦争→「独立宣言」→東部13州が独立、初代大統領ワシントン

近代革命期のフランス

17世紀に国王の絶対王政→1789年フランス革命「人権宣言」を発表→軍人のナポレオンが権力をにぎる。

産業革命

18世紀後半、イギリスで蒸気機関を改良→工業製品の大量生産→資本家と労働者の誕生→資本主義の広がり。一方で、マルクスが唱えた社会主義の考え方も生まれる。

産業革命のドイツ

ビスマルクの指導の下、ドイツ帝国の発展。

産業革命のロシア

ロシアでは戦争や皇帝の専制に対する不満が爆発。1917年労働者のストライキや兵士の反乱が続き、レーニンの指導のもと、世界で初めて社会主義の政府ができた。19世紀に南下政策→中国や日本と対立。

産業革命のアメリカ

1861年南北戦争→リンカンの奴隷解放宣言。

産業革命の中国(清)

イギリスがインドから持ちこむアヘンの取りしまり→アヘン戦争→南京条約→洪秀全率いる太平天国の乱。

産業革命のインド

イギリスで始まった技術向上による産業と社会の仕組みの変化。産業革命のおきたイギリスからの安い綿織物が大量に流入→1857年インド大反乱→イギリスが鎮圧→植民地化。

確認【中学歴史】明治時代の重要ポイント

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る