中学歴史「鎖国の体制」朱印船貿易・鎖国下の政策

スポンサーリンク

中学歴史「鎖国の体制」朱印船貿易・鎖国下の政策です。

鎖国

朱印船貿易…渡航許可証である朱印状を持った船で行う貿易。→東南アジアに日本町ができる。山田長政らが活躍。

スポンサーリンク

鎖国までの流れ

鎖国とは、外国との貿易・外交独占の体制。ポルトガル人を追放。オランダ商館を長崎の出島に移す。中国船・オランダ船以外との貿易を禁止。鎖国下の対外関係では、オランダ、中国以外とも交流。

  • 1612年…幕領に禁教令(キリスト教禁止令)を出す。
  • 1616年…中国船以外の外国船の来航を、平戸と長崎に制限
  • 1613年…禁教令を全国に広げる。のちには絵踏でキリスト教徒を発見、宗門改で寺に仏教徒であることを証明させた。
  • 1624年…スペイン船の来航禁止
  • 1633年…奉書船以外の海外渡航禁止
  • 1635年…朱印船貿易の停止, 日本人の出国・帰国を禁止。
  • 1637年…島原・天草一揆。天草四郎(益田時貞)を大将としたキリスト教徒らが一揆→カトリックの国の排除。
  • 1639年…ポルトガル船の来航禁止。
  • 1641年…平戸のオランダ商館を長崎の出島に移す→鎖国体制

鎖国下の外交政策

  • オランダ・清(中国)…長崎の出島で貿易。オランダには、オランダ風説書を提出させて、幕府が情報を独占。
  • 朝鮮…対馬藩(長崎県)が窓口。将軍の代がわりごとに朝鮮通信使がくる。
  • 琉球王国…薩摩藩(鹿児島県)が窓口。清に朝貢を行う。
  • アイヌ…松前藩が交易を独占。17世紀後半、取り引きへの 不満などからシャクシャインを中心に戦いをおこす。

島原・天草一揆

島原・天草一揆は、キリスト京都の多かった島原や天草の人々が、天草四郎(益田時貞)を大将にしておこしました。幕府に鎮圧されます。このころ、鎖国が完成し、幕府による禁教、貿易統制、外交独占の体制となりました。

キリスト教徒を発見するために、キリストや聖母マリアの像を踏ませる絵踏や仏教の信者であることを証明する宗門改を行いました。

歴史 あわせて確認

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る