中学3年理科問題演習「速さの計算」偏差値30から60へ!

スポンサーリンク

速さの計算に関する問題演習を行います。基本的な速さの計算から、記録タイマーでの速さの計算方法、ストロボスコープでの速さの計算方法などをマスターしましょう。

  • レベル:定期テスト入試基礎問題
  • 平均点:75点/100点満点中

問題中3理科「速さの計算」

速さの計算(基本問題)

次の速さを計算しなさい。

(1)60cmの距離を5秒で移動する台車の速さは、何cm/sか。

(2)50kmの距離を12分で走る新幹線の速さは、何km/hか。

(3)5400mの距離を1.2時間で歩く人の速さは、何m/minか。

スポンサーリンク

速さの計算(基本問題)解答・解説

略解のみ。詳しい解説は動画をご覧ください。

(1)12cm/s

(2)250km/h

(3)75m/min

速さの変換(基本問題)

次の速さを〔 〕内の速さに変換しなさい。

(1)20m/s 〔km/h〕

(2)150㎝/s 〔km/h〕

(3)72km/h 〔m/s〕

速さの変換(基本問題)解答・解説

略解のみ。詳しい解説は動画をご覧ください。

(1)72km/h

(2)5.4km/h

(3)30m/s

記録タイマーの計算(基本問題)

下の図は、台車の運動を1秒間に60回打点する記録タイマーを使って記録したテープの一部を表したものである。これについて、次の各問いに答えよ。

記録テープでの速さの計算

(1)打点Bから打点Cまで打つのに何秒かかるか。

(2)打点Bから打点Cまでの、この台車の平均の速さは何cm/sか。

(3)打点Bから打点Dまでの、この台車の平均の速さは何cm/sか。

記録タイマーの計算(基本問題)解答・解説

略解のみ。詳しい解説は動画をご覧ください。

(1)0.1秒

(2)40cm/s

(3)54cm/s

ストロボスコープの計算(標準問題)

下の図は、ある物体を0.1秒間隔で発光するストロボを使って撮影したものである。

ストロボスコープでの速さの計算

(1)AからBまでの、この物体の平均の速さは何cm/sか。

(2)この物体は、0.1秒ごとに何cm/sずつ速さが速くなっているか。

(3)AからEまでの、この物体の平均の速さは何cm/sか。

(4)Aを撮影してから0.5秒間で、この物体は何cm移動するか。

ストロボスコープの計算(標準問題)解答・解説

略解のみ。詳しい解説は動画をご覧ください。

(1)19cm/s

(2)11cm/s

(3)35.5cm/s

(4)20.5cm

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る