中学理科 中和と塩 塩酸や硫酸とアルカリの反応

スポンサーリンク

中学3年理科。イオンと化学変化の中和反応について学習します。

  • レベル★★★☆
  • 重要度★★★☆
  • ポイント:中和反応式を書けるようになる!

授業用まとめプリントは下記リンクよりダウンロード!
授業用まとめプリント「中和と塩」

中和

中和とは、酸とアルカリの水溶液を混ぜると、お互いの性質を打ち消し合い、ができる反応のことをいいます。酸の水溶液には必ず水素イオンH⁺があります。アルカリの水溶液には水酸化物イオンOH⁻があります。中和では、水素イオンH⁺と水酸化物イオンOH⁻が打ち消し合い、水H₂Oができる反応が起こっているのです。

中和反応

スポンサーリンク

塩(えん)

中和では、水素イオンH⁺と水酸化物イオンOH⁻が反応して水H₂Oが生じますが、水以外にもう一つ物質が生じます。中和によってできる水以外の物質をといいます。

酸の陽イオンは水素イオンH⁺、アルカリの陰イオンは水酸化物イオンOH⁻ですので、酸の陰イオンアルカリの陽イオンが反応して塩ができるということになります。生じる塩は、酸とアルカリの種類によって様々です。塩の性質もきかれますので、そこも覚えていきましょう。

塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和

気体の塩化水素が水に溶けた水溶液を塩酸といいました。酸性を示します。この塩酸にアルカリ性水酸化ナトリウム水溶液を混ぜ中和します。

塩酸と水酸化ナトリウム水溶液

塩酸の中の水素イオンH⁺と水酸化ナトリウム水溶液の中のOH⁻が反応し水H₂Oが生じます。また、塩酸の中の陰イオンである塩化物イオンCl⁻と、水酸化ナトリウム水溶液中の陽イオンであるナトリウムイオンNa⁺が反応し、塩化ナトリウム(食塩)NaClという塩が生じます。

塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和

塩化ナトリウム(食塩)は、水に溶けやすい塩ですので、中和後の水溶液中にナトリウムイオンNa⁺、塩化物イオンCl⁻として存在します。

硫酸と水酸化バリウム水溶液の中和

酸性の水溶液である硫酸H₂SO₄と、アルカリ性の水溶液である水酸化バリウム水溶液Ba(OH)₂の中和反応も見ていきましょう。

硫酸と水酸化バリウム

硫酸の中の水素イオンH⁺と水酸化バリウム水溶液の中のOH⁻が反応し水H₂Oが生じます。また、硫酸の中の陰イオンである硫酸イオンSO₄²⁻と、水酸化バリウム水溶液中の陽イオンであるバリウムイオンBa²⁺が反応し、硫酸バリウムBaSO₄という塩が生じます。

硫酸と水酸化バリウム水溶液の中和

硫酸バリウムは水に溶けにくい塩ですので、水溶液は白くにごり、やがて沈殿します。つまり、硫酸と水酸化バリウム水溶液を完全に中和すれば、水溶液中にイオンがまったく存在しない状態になり電流が流れなくなります。

具体的な中和反応は、以上の塩酸と水酸化ナトリウム水溶液、硫酸と水酸化バリウム水溶液の2つを覚えておけば大丈夫です。

中和と塩 動画で確認

中和と塩のまとめプリント

中和の基本知識、塩酸と水酸化ナトリウム水溶液、硫酸と水酸化バリウム水溶液をコンパクトにまとめていけるように作っています。是非活用してください。

授業用まとめプリントは下記リンクよりダウンロード!
授業用まとめプリント「中和と塩」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
トップへ戻る